港区界隈の個性派 博物館
古代エジプト美術館
すべてホンモノ! 古代ロマンを感じるミステリーツアー 古代エジプト美術館

アバンギャルドな街、渋谷で既存の博物館や美術館のイメージを覆すツアー型の展示を行っている「古代エジプト美術館」。証券マンである菊川匡氏が本業の傍ら、約1,000点以上の考古美術品を集めて開館させた。どれも科学的分析を実施し、本物のみを扱っている。 ファッション、土器、命などをテーマに年に3回、各100点ほどの企画展を実施。

タワーレコードの斜向かいに立つ商業ビルの8F。しかし、一歩足を踏み入れれば、そこは探検家の活躍が華やかだった20世紀初頭のイギリス。発掘隊の出で立ちで現れるスタッフ。美術鑑賞というより、アトラクションに参加したみたいだ。来館者はまず、アドバイザーでエジプト考古学の世界的権威、ロバート スティ−ブン ビアンキ博士の解説映像で予習。ビアンキ氏は元ブルックリン美術館の学芸員で、同美術館の所蔵品の検証や見解も担当しているという。

その後、古代人に扮した専属ガイドとともにミステリーツアーに出発! 展示室は全部で3室。最初の部屋は発掘小屋をイメージ。ハヤブサの頭をしたホルス神のレリーフや黄金のマスクなどいろいろあるが、目玉はミイラ。ホラーとしてのドキドキ感と、数千年を経てなお存在できる当時の技術力を目の当たりに。
 神殿ギャラリーでは、日本唯一であるプトレマイオス朝時代の円柱の一部がお目見え。企画展の内容によって、神やファラオの像、先王国時代の土器、新王国時代のネックレスやイヤリング、ミイラの臓物を防腐処置して入れたカノポス壺などが棚に並ぶ。学術的に貴重だが見た目は石のかけら…といったものは皆無で、どれも美しい。「美術品としても価値の高いもの」を基準に収集する菊川氏。館名も博物館ではなく美術館としている。
 最後の玄室(墓)ギャラリーへは、ガイドなしで各自が懐中電灯を持って向かう。天井が低く、暗室の中で木棺や副葬品、冥界の神オシリスの像などが浮かび上がる。ピラミッドや王家の谷を訪問しているような臨場感たっぷり。壁には扉付きの棚があり、探して開けて歩くのはちょっとした探検気分だ。

決して広くはないが1時間は確実に過ぎる。ガイドが面白いのだ。「このお守りは何を表しているでしょうか? 今でも身近にあるものです」といったクイズがポンポン飛び出し、解説には「へぇ〜」と唸る古代人の価値観も多々。遠巻きでいても容赦なく指名されるから、自然と考古品の魅力にひきこまれてしまう。面白楽しく、気付けば古代エジプトの知識も頭に入る。テーマパークのようなこの館、一度来て損はない。

    古代エジプト美術館(渋谷)
  • 渋谷区神南1-12-18 メゾン渋谷8F [MAP]
  • 03-6809-0718(開館日のみ)
  • 一般(税込)
    大人1,500円
    大学生1,200円
    高校生以下1,000円
    貸切(税込)
    2時間 20,000円 (1〜20人まで)
    ※法人利用、アレンジが必要な場合は別途応相談
  • 12:00〜18:00(最終入館は閉館30分前まで)
    ※貸切は開館日10:00〜12:00、19:00〜21:00
    (開館日以外は応相談)
  • 休館日 月〜木、年末年始、展示替え期間
  • JR「渋谷駅」徒歩8分
  • webサイト

※写真をクリックすると拡大表示します
※ミイラの写真が含まれますので、閲覧にはご注意ください

スコーピオン・キングの化粧用パレット
プトレマイオス2世の神殿の柱(一部)
貴婦人タ・アケト・ウレトの木棺
アメンホテプ3世の像
ラー・ホル・アクティーのレリーフ
タ・ミウ婦人像
少女のミイラ
ビクトリア朝風のギャラリー
探検家や巫女などに紛争したスタッフ

2012年12月取材/2014年4月更新