朝食特集 ―ビジネス街の朝ごはん―
≪前へ次へ≫

ル・パン・コティディアン 東京ミッドタウン店(六本木)

東京ミッドタウンのガレリア1Fにある「ル・パン・コティディアン東京ミッドタウン店」。1990年にベルギーで創業し、世界に約250店舗を展開しているベーカリーカフェだ。ブランドの知名度や世界共通の内装が安心感を呼ぶのか、外国人の利用が多い。

朝は7時半からオープンしており、11時まで朝メニューを注文できる。クロワッサン、バゲット、オーガニック小麦パンがセットになった「プチ・デジュネ」、半熟卵やミニサラダなどがつく「スモークサーモンブレックファースト」、グリエールチーズのとろける旨味がたまらない「ハム&グリエールチーズオムレツ」、ブリオッシュに半熟卵がのった「エッグベネディクト」、アーモンドミルクと豆乳ホイップで作った甘さ控えめな「アーモンドミルクの自家製フレンチトースト」など、約10種類のモーニングに加え、15時まで注文可能なブランチメニュー2種類と迷うこと必至な豊富さ。グランドメニューからも注文は可能で、タルティーヌを選ぶ人も。「朝限定のメニューはどれも必ずパンが付きます。料理も素材の味を生かし、あまり手を加えません」とPRの丸山杏奈氏。シュリンプ&アボカドタルティーヌは、オーガニック小麦パンをスライスし、アボカドのペーストを塗ってエビと小ネギをのせ、バジルソースとサルサソースをかける。さっぱりした味わいは朝にも良さそう。
 一番人気のプチ・デジュネはクロワッサンではなく、パンオショコラを選ぶことも可能。プラス200円で半熟卵も付けられる。お楽しみは、10種類がそろうジャムバー。取材日は、ストロベリー、フィグ、オレンジ、チェリー、ザクロのジャムに、ダークチョコ、ホワイトチョコ、ヘーゼルナッツ、スペキュロース(シナモンクッキー)などが並んでいた。ウッディなインテリアに癒され、パンをじっくり味わう、そんなゆったりした朝も生活の彩りに必要かも!?

メニュー(抜粋)

プチ・デジュネ(提供時間 AM7:30〜11:00)
990円
スモークサーモンブレックファースト(提供時間 AM7:30〜11:00)
1,440円
ハム&グリエールチーズオムレツ(提供時間 AM7:30〜11:00)
1,240円
エッグベネディクト(提供時間 AM7:30〜11:00)
1,240円〜
シュリンプ&アボカドタルティーヌ 
1,390円〜
スモークサーモンタルティーヌ
1,430円〜
カフェラテ
600円〜
ベルギーホットチョコレート
600円〜
※価格はすべて税抜
ル・パン・コティディアン 東京ミッドタウン店(Le Pain Quotidien)
店舗外観
港区赤坂9-7-3 ミッドタウン・ウエスト プラザ1F
03-6804-5879
イートイン15席、レストラン73席(テラス席34席)
禁煙
7:30〜 23:00 (22:00 L.O.)
不定休(東京ミッドタウンに準ずる)
webサイト
2018年3月取材/2018年5月更新