通のおもたせ
和菓子 洋菓子 惣菜 酒・茶・その他 通のおもたせ
港区の達人が教える“喜ばれる”手土産、贈り物などセンスがキラリと光る逸品をeHills Clubがセレクトしてご紹介!
苺大福

苺大福 1個 税込330円
※販売期間 11月後半〜4月中旬頃
※消費期限 当日中

「まめ」の苺大福

京女の女将さんが昔ながらの“手ごし”で作る餡が美味しい和菓子屋、青山「まめ」。エイベックスビルの裏手に建つ店は、はんなりと客を迎える。

一番人気は、11月後半〜4月中旬まで販売される季節限定「苺大福」。築地市場の専門卸から仕入れる福岡産“あまおう”は、なんと2Lサイズ!それを店自慢のこし餡と喉越しのいい求肥で包む。てっぺんに透ける赤色が愛らしい一品だ。

丁寧に炊き上げた北海道十勝産小豆を、労力を惜しまず手でこし、軽くさらす。甘さは極控えめに。香ばしい小豆の風味が際立つ餡、甘酸っぱい苺果汁、合わされば口中が一気に春爛漫!さっぱりとした美味しさだから、食べているそばから二つ目に手が伸びる。

雛祭りシーズンは苺大福と、こちらも季節商品である桜餅(税込260円)の組み合わせが人気。商品は「餡子好きが高じて独学で和菓子屋を始めた」という店主の大八木恵子氏がほぼ一人で手作りしているため、品数は限られる。取り置き不可のためなるべく午前中の来店を心がけたい。



豆大福(手前)、わらび餅/黒米おはぎ/京焙煎のおいしいブレンド
1 通年人気の看板菓子。小豆の潰れ具合が絶妙な粒餡の豆大福と、黒糖と本わらびが入ったベースに、こし餡がたっぷり入ったわらび餅(各税込260円)
2 客の要望から定番商品になった黒米おはぎ(税込250円)は、色付いた餅米の弾力ある美味しさと、プチッとした黒米の食感が癖になる。一般的なおはぎより餡子を多くしているのも魅力だ
3 大八木氏おすすめの和菓子に合うコーヒー豆も販売。さっぱりとした後口で、小豆の香ばしさをより引き立てる味だ。「京焙煎のおいしいブレンド」(税込540円/120g)

まめ(青山)

  • 港区南青山3-3-18
  • 03-3479-2588
  • 10:30〜18:30(売り切りじまい)
  • 定休日 日・月・火曜日
  • webサイト
店舗外観

2007年2月取材/2015年11月更新