HILLS PHOTO NEWS


オンライン映画祭「We Are One: A Global Film Festival」

オンライン映画祭「We Are One: A Global Film Festival」

トライベッカ・エンタープライズ

2020/5/27(水)  ロバート・デ・ニーロらが立ち上げたトライベッカ・エンタープライズとYouTubeの共同による、オンライン映画祭「We Are One: A Global Film Festival」が10日間限定で開催。
 こちらは、東京国際映画祭をはじめ、ベルリン国際映画祭、カンヌ映画祭、ヴェネツィア映画祭など、21の世界的な映画祭のプログラムをYouTube特設ページ上で無料で公開するもので、収益はWHOの新型コロナウイルス感染症連帯対応基金に役立てられる。

 長編作品ではフィクションが23作品、ドキュメンタリーが8作品、短編作品ではフィクションが57作品、ドキュメンタリーが15作品上映。また、過去の映画祭のアーカイブや本映画祭限定のトーク、VRプログラミング作品も公開される。
 東京国際映画祭からは、本映画祭のために特別に制作され、ワールドプレミア上映となる深田晃司監督作品『ヤルタ会談オンライン』などが出品予定だ。他にも、ムンバイ映画祭のGolden Gate Awardを受賞した『Eeb Allay Ooo!』、中国の伝説的なバレーボールスター選手、ジェニー・ラン・ピンのドキュメンタリー長編『Iron Hammer』などに注目したい。

>>We Are One: A Global Film Festival
【配信期間】5月29日(金)〜6月7日(日)