HILLS PHOTO NEWS


テキスタイルへの偏愛をベースにした展示。ミズタユウジ「SPORT」

テキスタイルへの偏愛をベースにした展示。ミズタユウジ「SPORT」

CLEAR GALLERY TOKYO(六本木7-18-8 岸田ビル2F)

2021/2/17(水)  CLEAR GALLERY TOKYOでは3回目となる、ミズタユウジの個展が開催中。

 絵画や写真、コラージュなどさまざまな表現で作品を制作し、デザイナーとして多くのブランドとのコラボレーションも果たしてきたミズタだが、そのベースには常にテキスタイルへの偏愛がある。染色から刺繍、織り、プリントなどあらゆる手段を使うミズタにとって、テキスタイルは無限のキャンバスでありつつも、一筋縄ではいかない独立した個であり、そこに現れる一織り、一縫いには、単に作品という以上の敬意が込められているように感じる。
 今展でも、現実と空想とが混在した心境小説のような世界を、時間をかけてテキスタイルに刻み込んでいくという、作家とテキスタイルの親密な対峙を見るような作品が並ぶ。持ち主の価値観で本来なら相容れないはずのロゴやイメージがプリントされたハンカチ、元の形をとどめない古着など、人から人の手に渡る面白さや個の主張など、テキスタイルならではの面白みを感じさせる一方、暗黙の了解として避けられているラインを、勇気のある「無知」で軽やかに飛び越えようとする、ミズタのアンチテーゼが大いに染み込んだ作品群。
 工芸でもデザインでもない、美術への挑戦としてのテキスタイルが、私たちにもあの頃の純粋な無知を思い出させてくれるかもしれない。

 なお、ギャラリー内には、CLEAR GALLERY TOKYOがローンチしたオンラインショップ「RUR shop」の、本展のための物販エリアも登場。ミズタユウジとのコラボ商品が購入できる。

【会期】2月12日(金)〜3月6日(土)
【休廊日】日月祝
【時間】12:00〜18:00