HILLS PHOTO NEWS


第14回恵比寿映像祭「スペクタクル後 AFTER THE SPECTACLE」開催中

第14回恵比寿映像祭「スペクタクル後 AFTER THE SPECTACLE」開催中

東京都写真美術館、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、地域連携各所ほか

2022/2/8(火)  年に一度恵比寿の地で、展示、上映、ライヴ・パフォーマンス、トーク・セッションなどを複合的に行なう映像とアートの国際フェスティヴァル「恵比寿映像祭」が開幕。

 第14回となる今年は、「スペクタクル後」をテーマに、現代作家による展示や上映、イベントに加え、映像作家・遠藤麻衣子によるオンライン映画プロジェクト、さまざまな作品との出会いを拡げる教育普及プログラムなどの新たな構成によって、映像体験の可能性を探る。
 東京都写真美術館3Fでは、写真研究者・映像作家の小原真史氏をゲスト・キュレーターに迎えた博覧会資料と東京都写真美術館コレクションによる企画を中心に、19〜20世紀にかけての博覧会から現代まで、歴史的にテーマを掘り下げる。2F、B1Fでは、多様な現代作家の作品群からテーマを紐解き、作品体験を広げていく。また恵比寿ガーデンプレイスセンター広場でのオフサイト展示には、訪れた人々全てが体験可能な屋外作品が登場する。
 そして1Fホールでは、恵比寿映像祭のために特別に編まれた上映プログラムを連日お届け。劇映画から、実験映画、ドキュメンタリー、アニメーション、現代美術作品まで、日本初公開作品含め、国内外から多様な作品が集う。
 無料のオンラインラウンジトークやオンライン映画など、自宅で楽しめるコンテンツも充実している。

【会期】2月4日(金)〜2月20日(日)
【休館日】月曜
【時間】10:00〜20:00(最終日は18:00まで) ※入館は閉館の30分前まで
※日時指定予約推奨