アークガーデン

アークガーデン港区赤坂1・港区六本木1(アークヒルズ敷地内)

アークヒルズの施設内に造園されたアークガーデン。
コンセプトの異なる4つの庭は、都会の直線的な庭園ではなく、自然の力を存分に引き出した植栽が魅力。
特に、通常非公開のルーフガーデンは“秘密の花園”として人気を集める。

1996年、アークヒルズの開業10周年リニューアルを機に造園されたアークガーデン。コンセプトの異なる4つの庭「ルーフガーデン」「メインガーデン」「フォーシーズンズガーデン」「バックガーデン」が敷地内に点在し、サントリーホール屋上にあるルーフガーデンは毎年春と秋に特別公開、それ以外は通年で公開されている。各ガーデンには、都心にいることを忘れさせる四季折々の豊かな景色が広がり、ワーカーや近隣住民にとってかけがえのない憩いの場となっている。

建設時のルーフガーデンの様子。ほとんど前例がなかった屋上造園事業は“まずはやってみる”のチャレンジ精神が支えた。

まずはアークガーデン誕生の舞台裏までさかのぼろう。日本初の民間による大規模開発事業として1986年に誕生したアークヒルズ。オフィス、住宅、ホテル、文化・商業施設などを集積させ、“一つの街”をつくるように都市開発を進めるスタイルは、今でこそ定番だが、アークヒルズはまさにその先駆け。また、街にはもちろん緑が必要と、まだ一般的ではなかった屋上緑化にも積極的に取り組んでいた。しかし当時のアークガーデンは、あくまでヒートアイランド現象の緩和というような緑の機能面を重視したもので、今では“秘密の花園”として草花が咲き誇るルーフガーデンにも、常緑樹と芝生のみが植わっていたという。
 そして、10周年のリニューアルを機に持ち上がったのが、アークガーデン造園事業だった。当時から、植物を通した“コミュニティの形成”を重要視していた故・森稔社長(当時)にとって、このプロジェクトの持つ意味は非常に大きかったという。そんな中、「人々のコミュニティが生まれるお庭を一緒につくりませんか?」と提案し、森社長とすぐに意気投合したのが、今回インタビューに答えてくれた園芸家の杉井明美氏だった。以来、現在まで20年以上、アークガーデンの専任ガーデナーとして、このオンリーワンの景観づくりに尽力している。

メインガーデンは四方をビルに囲まれ、夏場には樹々の葉が生い茂るため、シェードガーデンとして楽しめる。

サントリーホール横の階段を上りきり右手に進むと、いつでも自由に散策できるメインガーデンと、苗の養生などを行うバックガーデンが現れる。
 メインガーデンは、ビルとビルの狭間に現れるプライベートガーデンのような雰囲気。庭の中心と周りをぐるりと取り囲むように高い樹々が植えられているため、春は木漏れ日が心地良く、夏は旺盛に伸びた葉が涼しげな木陰をつくる、自然観あふれるスポットだ。回遊できる小道の脇にはベンチや水場などもあり、少し人目を避けてホッと一息つきたい時などにはピッタリかもしれない。
 また、バックガーデンは、こぼれ種から植物を育てたり、植える苗の養生を行う、言わばアークガーデンの準備室。植物の成長サイクルを尊重し、四季の流れに沿って植え替えを行うアークガーデンだからこそ必要な場所と言える。

日本の植物だけでつくられたフォーシーズンズガーデン。宝探しのように植物を観察したり、お弁当を広げてゆったりするのがオススメ。

さて、次は先ほどの階段を左手に進んでみる。すると、通年公開のフォーシーズンズガーデンが見えてくる。こちらは、古代に日本へ渡来した植物や日本原産の植物だけでつくられたエリアで、花壇の中に目を凝らすと、フウチソウ、ヤマブキ、ハギ、クサボケ、メグスリノキ、イソギク、ムサシアブミ、チョウジガマズミなど、驚くほど多様な山野草の植生があることが分かる。「日本の昔ながらの植物は、風情と奥行きがあって本当に素敵なの」と目を輝かせる杉井氏の言葉通り、決して華やかではないが、素朴で愛らしい小花や実、ユニークな草姿を眺めていると、子どもの頃道端や野山で出会った植物たちを思い出して幸せな気分になってくる。また、このガーデンはランチ場所としても人気があり、春になると桜の木の下やベンチで花見がてらお弁当を広げるワーカーも多い。

3層に分かれたルーフガーデン。現在は、毎年春と秋に約40日間特別公開されている。

フォーシーズンズガーデンからさらに上へ。こちらが、アークガーデンの中でも中心的なエリアで通常非公開のルーフガーデンだ。1580uの敷地は上下3層に分けられ、約100種、5000株以上もの草花で造園されている。上段は、近隣のビルから眺めた時に美しく見えるように、英国の国旗・ユニオンジャックをモチーフに花壇が設計されており、最も草花の種類が多い。中段は、リンゴ、レモン、ブルーベリー、ユスラウメなど果樹の鉢植えが中心のエリアで、小さな池が鳥の憩いの場にもなっている。そして下段はバラが中心のガーデン。育てやすく景色にも馴染みやすい日本のバラを多く取り入れたアーチが美しく、ガーデンコンサートなどはこちらで開催される。

秋には、姫リンゴなど果樹がたわわに実る中段のエリア。
下段ではさまざまな種類のバラが楽しめる。緑とバラに囲まれたガーデンコンサートはこの場所ならでは。

2017年には、サントリーホールの半年間の改修工事に合わせ、リニューアル工事が実施された。全ての植物を一度掘り上げ土壌改良を行ったり、傾斜が急だった階段の架け替えを行うなど、植物と訪れる人双方に心地良い環境に。さらに、その年を機に、これまでの年2回程度の公開から、春と秋で約40日と大幅に公開日が増えたのも嬉しいニュースだ。

季節によって全く違う顔を見せるルーフガーデン(左が春、右が秋)。極力自然に近い状態で植物が育つよう配慮されている。

造園当初は、ここで草花が育つのだろうかという不安が大きかったそうだが、「周りの木がこんなに元気に育っているんだから大丈夫!」との杉井氏の力強い言葉と共に、プロジェクトが動き出した。
 杉井氏が目指したのは人と自然がふれあい生まれる「ふるさとの景色」を東京のど真ん中につくり出すこと。その想いを実現するために、全ての作業は植物の持っている自然の力を引き出す方向に集約されていった。例えば、人工的に草丈を低くした矮性の苗は使わず、本来の姿でのびのび成長するよう促す。そして、シーズンごとで全ての苗を入れ替えることが多い都市型花壇とは異なり、植え替えの際は全体の3/4は残し、それらが花のシーズンを終え種をつけるまでじっくり見届けるという。また、取材時の4月前半の時点では、花壇のあちこちに土の表面が見えていたが、これも夏に向けてぐんぐん育つ植物たちに十分なスペースを確保するための“余白”で、人間本位の見栄えの良さは二の次だ。「若い頃はこの余白をつくるのが不安な時もありましたけど、植物が本来の力を発揮して元気に育ったら、それだけで十分綺麗なんだと気づきました」

種がこぼれて花壇の外に咲いたスイセンの花も大切に見守られる。アークガーデンでは、はみ出し者も大歓迎だ。

一方、こぼれた種や鳥が運んできた植物など花壇の枠内に収まらない草花にも、愛情深い目が注がれる。「ほら見て、こんな所にも咲いて可愛いでしょう」と杉井氏が一段と目を輝かせるのは、土壌改良の際に花壇からこぼれた種から、ひっそりと咲いたスイセンだったりするのだ。
 自然に逆らわず、あくまで人間は植物が気持ちよく育つためのお手伝いをする。植物目線に立ったその謙虚な気持ちが表れたアークガーデンは、訪れる人を景色の一部として優しく迎え入れ、「またいつでもおいで」とさり気なく背中を押す。それはまるで、誰にでもあるふるさとの記憶そのものではないだろうか。

キャリア初の屋上ガーデンへの挑戦
都心のビルの上を、ふるさとの景色へ

杉井明美氏
Interview
有限会社 風のみどり塾 代表
園芸家、グリーンアドバイザー
杉井明美氏
つくりたかったのは、心を動かされる“景色”
アークガーデンのお話が来た時、それまでビルの上にガーデンをつくるという経験はありませんでしたが、周りの樹々が元気に育っていたので不安はありませんでした。また、今では、屋上緑化のほとんどは軽量土壌と呼ばれる建物への荷重を軽減する人口土を使っていますが、森ビルさんは普通の土を使ってくれていたのもラッキーでした。やっぱり本物の土は植物が育つ力が違いますから。
 それから、このお仕事を受ける時に、森社長に一つだけお願いしたんです。ただ花を植えて綺麗な場所をつくるのではなく、季節のうつろいを感じて「気持ちいいな」「懐かしいな」と思える、心を動かされるような“景色”をつくりたいと。私はこれを「東京ふるさと大作戦」と呼んでいます。東京はふるさとにはならないっていう人もいるけど、子どもたちが毎年親と一緒にこのガーデンに来て、風景の中に自分以外の生き物の気配をたくさん感じる。そうしたら、その子にとってきっとこの場所がふるさとの原風景になるんじゃないでしょうか。
幼少期の原風景が庭づくりのインスピレーション
私は千葉県南房総の花卉農家育ちで、昔から花や自然とふれあう機会が多くありました。今でも帰省した際にはよく近くの里山に行きますが、不思議とそこに行くと小さい頃に戻ったようにワクワクして、本当に心が落ち着くの。私にとっての原風景であり、園芸家としての大きな原動力ですね。
 アークガーデンでは、毎年新しいテーマや植え方に挑戦していますが、昨年はその里山で見た植物の群生にインスピレーションをうけて、ルーフガーデンでも草丈の低いビオラなどを多く取り入れたボリュームのある花壇にしました。今年は、ヤグルマギクとハナビシソウの2種類の種を一緒に蒔いて、より自然に近い折り重なった草姿に育つか実験し、しっかりミックス苗に成長しました。
2種類の種を一緒に蒔き、絡み合うように芽が出たヤグルマギクとハナビシソウ。
植物にふれる実体験で、子どもたちの人生を豊かに
現在、子どもたちが通年で緑を育て・遊び・楽しむ「GREEN WORK SHOP」を月に1回開催しています。今の子どもたちは、土や植物にふれたり花の匂いをかいだりという実体験が少ないですよね。私は、その経験があるかないかで、歳を取った時の人生の豊かさが全然違うと確信しています。年間を通してガーデンにふれあう過程で、植物は人間の感情をいっぱい引き出してくれます。芽が出るまでは不安だし、花が咲いたら嬉しくてドキドキする、そして枯れたら悲しい。そういう実体験があるだけで、心の中に優しさや感謝が生まれるんです。大人には、子どもたちにその経験をさせる義務があります。
会員制の自然体験プログラム「GREEN WORK SHOP」の様子。子どもたちは興味津々だ。
(主催:森ビル株式会社 監修:杉井明美、NPO法人CANVAS)
歳を重ねてさらに強くなった、植物への敬意と感謝の想い
この歳になるとなおさら、どの植物も本当に美しいなと毎日思いますね。植物は嘘をつかないし威張らない、そして強靭な精神を持っている。同じ生き物として見習うところがたくさんあって、一生かなわない先生のような存在です。アークガーデンに携わるようになってあっという間の23年、東京のど真ん中でこんな景色をつくらせてもらえて、私は本当に幸せ者ですよ。
アークガーデンの歴史
1986(昭和61)年
アークヒルズ開業
1996(平成8)年
開業10周年を機にアークガーデンを造園
2017(平成29)年
サントリーホール30周年の改修工事に合わせて、庭園改修を実施
アークガーデン(赤坂)
港区赤坂1・港区六本木1(アークヒルズ敷地内)
03-6406-6663(森ビル株式会社)
開園時間 8:00〜21:00
※ルーフガーデンは通常非公開。公開スケジュールはアークヒルズ公式webサイトを参照
南北線「六本木一丁目駅」から徒歩5分
南北線・銀座線「溜池山王駅」から徒歩7分
webサイト
2019年4月取材