GINZA SIXガーデンギンザシックスガーデン/中央区銀座6-10-1

老舗や高級ブランドが多く集う、銀座。
エリア最大の複合商業施設としてオープンしたGINZA SIXの屋上にあるガーデンは
約4,000㎡の敷地に和洋の植栽が集う
一周できる回廊は、爽やかな戸外の展望台。ゆったり回って銀座の空中散歩を楽しみたい

銀座4丁目交差点から中央通りを新橋方面へ徒歩数分、圧倒的な存在感で現れるGINZA SIX。館内のエレベーターで屋上に上がると、青々とした芝生広場とスタイリッシュな水盤、遮るもののない広い空が広がる。

高さ数センチの水盤。流れで象られ一枚のアートのよう

ランドスケープデザインは、ザ・キャピトルホテル東急や東北大学青葉山キャンパス・センタースクエアなどをデザインした宮城俊作氏が担当。「江戸の庭園文化と西洋の広場文化の融合」をテーマに設計され、植栽はスタイリッシュな雰囲気ながら、植物にかかったネームプレートをよく見ると、サクラ、ツツジ、アジサイ、カエデ、コナラ、キンモクセイ、ツバキなど、季節を感じるお馴染みの木々が多い。こんもり茂った林の中にマツがさり気なく混ざっているのもユニーク。根元には、バラ科のコトネアスターや薬草のユキノシタなども見つけられる。園芸好きなら寄せ植えの参考にという楽しみ方もできそうだ。

和洋の植栽が違和感なく一つの緑地となって茂る

屋上をぐるりと一周できる回廊を歩けば、ガラス越しに銀座の街並みを一望。北側からはスカイツリー、南側からは東京タワーを眺められ、天気が良ければ富士山も見えるとか。56mの高さから眺めると、近隣のビルの屋上がつぶさに見えて、高層ビルの展望台とはまた違った視界が開ける。ニョキニョキ建ち並ぶビル群から、聖路加タワーや虎ノ門ヒルズといったランドマークとなるビルを探すのも楽しい。南北が120mほど、1周すると約400mあるものの、あちこちにベンチがあって小休止や、座って景色を楽しめる。
 北側の一角には、護(かくご)稲荷大明神が鎮座。1929(昭和4)年、松坂屋銀座店の屋上に江戸の根岸の里から分霊・遷座した稲荷で、GINZA SIXとなった後も同じように屋上に鎮座し、銀座のパワースポットとなっている。稲荷の説明看板の隣には、銀座初の百貨店として開業した松坂屋銀座店の歴史が書かれた看板も立つ。

東側は、木製ベンチが点在。
植栽がずっと続くので遊歩道のよう
汐留のビル群の先に東京タワーもしっかり見える
松坂屋時代から続く火防、厄除けの
護稲荷(かくごいなり)大明神
稲荷の所から外を見ると、
聖路加ガーデンタワーがチラリ

ガーデンの西側、芝生広場と水盤の両サイドは、森林エリアと称される緑生い茂る場所。階段状のステップはベンチにもモニュメントのようにも見えるユニークな形。幼児を遊ばせたり、読書をしたり、地下の食品売り場で購入したお弁当を広げている人もいるなど、思い思いに寛げる。
 GINZA SIXのショップは10:30オープンだが、屋上庭園は朝7:00から開いている。外周の回廊は通路が広く、車いすやベビーカーでもすれ違う人を気にせずにのんびりと回れる。朝の散歩、一息いれたいとき、知人とのんびり談笑しながらなど、色々なシーンで訪れてみたい。

芝生広場の両脇に広がる森林エリアでは森林浴気分に
GINZA SIXの歴史
2011(平成23)年
銀座六丁目10地区市街地再開発事業の都市計画決定
2014(平成26)年
GINZA SIX着工
2017(平成29)年
GINZA SIX竣工
GINZA SIXガーデン(銀座)
中央区銀座6-10-1 [MAP]
03-6891-3390 (GINZA SIX総合インフォメーション 10:30〜20:30)
オープン時間 7:00〜23:00
銀座線、丸ノ内線、日比谷線「銀座駅」徒歩2分
浅草線、日比谷線「東銀座駅」徒歩3分
webサイト
2017年9月取材