幸せのちから 試写会日記 毎週、熱田美希から映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ!傑作でも愚作でも、映画ってやっぱり素敵!!
幸せのちから

© 2006 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES,INC.ALL RIGHTS RESERVED
無一文から実業家へ大きな成功を収めた男が
幼い愛息とともに乗り越えた苦難の日々
実話を基に“希望”を描くヒューマンドラマ



 どん底から実力で成功の足がかりをつかみ、遂には自らの株式投資会社ガードナー・リッチ&カンパニー(GRC)を立ち上げて億万長者となったクリス・ガードナーの実体験を脚色して映画化。出演はウィル・スミスと彼の実子であるジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、共演に確かな演技で評価の高いタンディ・ニュートン、監督はイタリア映画界の新進気鋭ガブリエレ・ムッチーノ。父に寄り添う小さな息子と、愛息を自らの手で守ろうとする父との強い絆、鋼鉄の意志と大胆な行動力でアメリカン・ドリームをつかんだ男の姿を描いたヒューマン・ドラマである。


 1981年、サンフランシスコ。クリスはパートナーのリンダと5歳の息子クリストファーと3人でつましく暮らしていたが、医療機器のセールスがうまくいかず、貧しい生活に耐えかねたリンダは家を出る。その頃、証券マンとして成功すれば学歴不問で金持ちになれると知ったクリスは、証券会社の株式仲買人養成コースに申し込み、無給で半年の研修を受けることを決意。家賃滞納でアパートを追い出され、息子とともに街をさまよいながら、クリスは生活のために医療機器のセールスを続け、証券会社の研修に打ち込んでいく。
幸せのちから
 衛生面に気を配るべき幼い息子がいるのに、駅のトイレにペーパーを敷いて夜明かしする、ホームレスの人々を受け入れる女性専用の施設に女性牧師の慈悲で泊めてもらう……本作はシンプルな成功物語より、少し苦味が強い。クリスの成功が語られるのは最後の最後であり、成功物語のスタート地点に至るまでの厳しい道のりが描かれているからだ。学歴もコネも家も金もない逼迫した状況を、愛と勇気と根性で父子はいかに乗り越えたか。天賦の才能だけじゃない、誰もが秘めているであろう人間の底力を描き、観る者に勇気や希望を与えてくれる仕上がりとなっている。
 
幸せのちから

 ウィル・スミスはあたたかみのある個性を生かしつつ、成功に向けてがむしゃらにまい進する父親役を、ジェイデンは健気な息子役を自然に好演。主人公として描かれているガードナー氏本人は、脚本の執筆と撮影に全面協力。実際は当時、幼児だった息子を5歳とし、研修で与えられていた小額の手当てを無給にするなどの変更を快諾。撮影現場でもその時の心境や証券会社の手法などを丁寧に説明し、監督や俳優たちとともに作品の信憑性を高めたという。ガードナー氏は語る。「メディアの中には私の人生を、無一文から大金持ちになった出世物語として描くものもある。そこが重要なパートではないのにね。大事なのは、私が子どものための存在であろうと身を尽くしたことだ」。現在、GRCの社長兼最高責任者であるガードナー氏は、売上の約10%を教育事業に寄付しているそうだ。
 支え合う親子の絆と決して挫けない気迫。成功のノウハウなどという軽いものではない、本物の気概が伝わってくる作品である。
『幸せのちから』2006年アメリカ映画
データ
2007年1月更新

幸せのちから
2007年1月27日公開
スカラ座ほか
全国東宝洋画系にてロードショー

■2006年 アメリカ映画
■上映時1:57
■ソニー・ピクチャーズエンタテインメント配給
■監督/ガブリエレ・ムッチーノ
■脚本/スティーヴン・コンラッド
■出演/ウィル・スミス
ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス
ダンディ・ニュートン



プロフィール
 
あつた美希 あつた美希
CSホロス株式会社代表取締役。フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。これまでに取材した人数は600人以上、2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』でコラム“シネマ・アロマ”を担当。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。
あつた美希