今宵、フィッツジェラルド劇場で 試写会日記 毎週、熱田美希から映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ!傑作でも愚作でも、映画ってやっぱり素敵!!
今宵、フィッツジェラルド劇場で

© 2006 Powdermilk Pictures, LLC. All Rights Reserved.
アルトマンの思いがはっきりと示された遺作
人間臭さも神秘もまるごと愛した名匠が
最後に観客に託した、あたたかな群像劇



 映画作家ロバート・アルトマンが、2006年11月20日に81歳で他界した。これまでにカンヌ(『M★A★S★H』)、ヴェネチア(『ショート・カッツ』)、ベルリン(『ビッグ・アメリカン』)と世界3大映画祭で最高賞を、2006年のアカデミー賞で名誉賞を受賞した名匠の遺作とは? 出演はオスカー女優メリル・ストリープや6回のエミー賞受賞で知られるコメディエンヌのリリー・トムリンをはじめ、演技派からアイドルまでバラエティに富んだ有名人たちがズラリ。全米に根強いファンをもつ実在の長寿ラジオ番組「プレイリー・ホーム・コンパニオン」をモチーフに、番組の司会・台本を手がけるギャリソン・キーラーが原案・脚本、そして本人役で出演。のどかカントリーミュージックにのせて出来事の終焉と再生を描く、アルトマン印の群像劇である。


 「プレイリー〜」の公開録音が、今日もミネソタ州のフィッツジェラルド劇場で行われる。司会のキーラー、姉妹デュエットのヨランダ(ストリープ)とロンダ(トムリン)、カウボーイスタイルの男性デュオ(ウディ・ハレルソン、ジョン・C・ライリー)らが楽屋に集う。番組のボディガード(ケヴィン・クライン)は、白いトレンチコート姿の謎めいた金髪美人が気になって仕方がない。
今宵、フィッツジェラルド劇場で
 観終わってすぐ「すごい。こんな綺麗な逝き方ってそうあることじゃない」と、ただただ思った。愛もやさしさも、皮肉もユーモアも下品さも全部ひっくるめて、アルトマン監督の意思や情熱はあまりにも健全で独自の調和が美しく、後半から涙が止まらなかった。まるで監督自身が天使か妖精だったかのよう。私たちに必要なメッセージやキーワードをおしみなく授けて、《素晴らしい河岸》へと微笑んで渡っていったかのようだ。


 キーラーの脚本には、アルトマンの思想や言葉がすばらしく生きている。ストリープが演じるヨランダが、自殺を詩に綴る愛娘(リンジー・ローハン)に語るシーンでは、人生哲学がさりげなく、はっきりと示される。「経験をまだ生かしきってないなら、自分にまだまだ可能性がある。だから絶望するな。閉まるドアもあれば開くドアもある。人生にムダはない。きっと道は開ける」。また「老人の死は悲劇ではない」という言葉には、「悲しんでくれるな」と、自分の死後に残された人々を思いやるかのようなアルトマンの広い愛を感じ、くらくらと眩暈がした。
今宵、フィッツジェラルド劇場で
 淡々とした佳作にして、この上ない遺作。それでも往生際の悪い筆者は、まだまだアルトマンのつくる作品を観続けたかった(実際、監督は本作を遺作と思っていたわけではなく、次回の企画をいつも通り練っていたそうだ)。アメリカのトップ・アイドル、リンジー・ローハンを起用したこの作品が、監督を愛する映画好きの大人たちだけでなく、若い世代が観るきっかけとなることを祈る。アルトマン監督の思いができるだけ広い世代に、世界中の多くの人々に届きますように、と心から切に願う。
『今宵、フィッツジェラルド劇場で』2006年 アメリカ映画
データ
2007年3月更新

今宵、フィッツジェラルド劇場で
2007年3月3日公開
銀座テアトルシネマ、Bunkamuraル・シネマほかにて
全国ロードショー

■2006年 アメリカ映画
■上映時1:45
■ムービーアイ配給
■監督・脚本/ロバート・アルトマン
■脚本・原案/ギャリソン・キーラー
■原案/ケン・ラズブニク
■出演/メリル・ストリープ
リリー・トムリン
ギャリソン・キーラー
ケヴィン・クライン
リンジー・ローハン
ウディ・ハレルソン
ジョン・C・ライリー
ヴァージニア・マドセン
マヤ・ルドルフ
トミー・リー・ジョーンズ



プロフィール
 
あつた美希 あつた美希
CSホロス株式会社代表取締役。フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。これまでに取材した人数は600人以上、2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』でコラム“シネマ・アロマ”を担当。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。
あつた美希