インビクタス/負けざる者たち 試写会日記 毎週、熱田美希から映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ!傑作でも愚作でも、映画ってやっぱり素敵!!
インビクタス/負けざる者たち

© 2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
’95年、人種の融和を目指すネルソン・マンデラは
白人キャプテン率いるラグビーチームに希望を託す
実話を基にC・イーストウッド監督が描く感動作



 南アフリカ共和国初の黒人大統領ネルソン・マンデラ氏のある功績を描く、クリント・イーストウッド監督の最新作。出演はオスカー俳優のモーガン・フリーマン、イーストウッドと初タッグのマット・デイモン。アパルトヘイト(人種差別政策)廃止後、不穏な情勢が続く南アフリカで人種の融和を目指すマンデラは、意外なことに目をつける。それは、白人キャプテン率いるラグビー南ア代表チームのワールドカップ優勝という無謀な挑戦だった。世界的にさほど知られていないマンデラ大統領のユニークな逸話であり、さわやかなスポーツドラマであり、融和と協調を伝える人間ドラマでもある。ストレートな感動作である。


 ’94年、南アフリカ共和国初の全人種参加による総選挙にて、史上初の黒人大統領となったネルソン・マンデラ。経済不況や犯罪増加にあえぐ祖国を立て直すため、マンデラは強く反目しあう黒人と白人の融和をはかることを決意。まず大統領警護班に黒人スタッフの反発をなだめて白人スタッフ4人を配属。ラグビー南ア代表チームを率いる白人の主将フランソワ・ピナールと面談し、1年後に南アで開催されるラグビーのワールドカップ制覇を後援。周囲からいぶかしまれながら、どの政策よりもラグビー強化を優先していく。


実話ベースの骨太なヒューマンドラマ。歴史的な背景を少し知っておくと感動が倍増するので、おすすめだ。当時はアパルトヘイトが廃止されたとはいえ、40年以上にわたって迫害する側とされる側にあった白人と黒人がいきなり全面和解できるはずもなく、両者間には深い溝と対立が常にあった。特に白人が愛好するスポーツのラグビーは、人種差別の象徴として黒人たちが嫌悪。また南ア代表のラグビーチーム、スプリングボクスは、アパルトヘイト問題で国際試合から長期間追放されていたため、経験不足で弱体化。そうした中、マンデラは黒人と白人の協調を自分の言葉で人々にじかに訴えかけ、自ら積極的に実践していく。マンデラは黒人大統領の立場で白人のスポーツを支援し、スプリングボクスはワールドカップという初の大舞台で優勝を目指すことに――。南アの深刻な情勢不安をものともせず、心を砕いて努力を積み、無謀なチャレンジを実行した彼らの強靭な意志とバイタリティに頭が下がる。
モーガン・フリーマン
 マンデラ役のフリーマンは祖国を導いてゆく崇高な政治家を好演。イーストウッドとのタッグは’92年の『許されざる者』、’04年の『ミリオンダラー・ベイビー』に続く3度目で、本作では製作総指揮も務めている。マンデラ本人が以前、“自分の役を演じてほしい俳優”としてフリーマンをあげていたことや、マンデラ氏の秘書の女性が撮影中にフリーマンの話し声を聴いて本物のマンデラと思った、というエピソードも。スプリングボクスの主将フランソワ役を演じたデイモンは、肉体を鍛え上げてラグビー選手に変身。スポ根と人間ドラマを清々しく表現している。またスプリングボクスのメンバーのひとりとして、イーストウッドの息子スコット・リーブスも出演。サウンドトラックにはここ数年のイーストウッド作品で音楽を手がけている、もうひとりの息子カイル・イーストウッドが参加している。


 原作は’89〜’95年にロンドンの「インディペンデント」紙の南アフリカ支局長を務め、現在ジャーナリストとして活躍しているジョン・カーリンの同名の著書。カーリンはマンデラ本人と何度も面会し、マンデラの釈放や大統領就任式に関する記事を手がけた実績のある人物。この本が企画書の段階で、マンデラの映画の企画を何年も練っていたフリーマンのもとに渡り、著者のカーリンもフリーマン主演で映画化を望み、マンデラ本人も映画化を快諾。南アフリカ出身のアンソニー・ペッカムが脚本を手がけ、イーストウッドが監督に決定したとのこと。フリーマンは語る。「人材、時期、場所、プロジェクト……すべてがピッタリはまった。そんなことはめったに起こるものではないが、起こったとき、それは運命なんだよ」。


 撮影は南アフリカの完全ロケで、できる限り実在の場所で行われた。マンデラの暮らす家の外観はヨハネスブルクに実在するマンデラ邸で、ラグビーのワールドカップのシーンも実際に試合があったエリス・パーク・スタジアムで、そしてマンデラが政治犯として約27年投獄されていたロベン島の刑務所という意義深い場所でも撮影された。


“私が我が運命の支配者 我が魂の指揮官”。ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの一篇の詩「インビクタス(不屈)」を心の支えに長期にわたる独房での生活に耐え、南アフリカ共和国の大統領となったマンデラ。さまざまな人種による“虹の国”を目指すマンデラが、国をあげて取り組んだ一大イベントの軌跡とは。人が自然につながって一丸となるシンプルな瞬間をとらえ、肉厚な感動を届ける。男たちの熱いヒューマンドラマである。
『インビクタス/負けざる者たち』 2009年 アメリカ映画
データ
2010年2月更新

モーガン・フリーマン、マット・デイモン

2010年2月5日公開
丸の内ピカデリーほか
全国ロードショー

■2009年 アメリカ映画
■上映時間2:14
■ワーナー・ブラザース映画配給
■監督・製作/クリント・イーストウッド
脚本:アンソニー・ペッカム
■原作:ジョン・カーリン
■出演/モーガン・フリーマン
マット・デイモン



プロフィール
 
あつた美希 あつた美希
CSホロス株式会社代表取締役。フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。これまでに取材した人数は600人以上、2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』でコラム“シネマ・アロマ”を担当。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。
あつた美希