シャーロック・ホームズ 試写会日記 毎週、熱田美希から映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ!傑作でも愚作でも、映画ってやっぱり素敵!!
シャーロック・ホームズ

© 2009 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
名探偵ホームズ&ワトソン医師はじつは武闘派!
黒魔術の男が仕掛ける難事件の真相とは?
ユーモラスで派手なアクション・エンタテインメント



 かの名探偵ホームズが武闘派キャラクターとしてスクリーンに登場。19〜20世紀にかけて活躍したイギリスの作家アーサー・コナン・ドイルの普遍的な人気推理小説と、そのコミック版を基に映画化。出演は『アイアンマン』のロバート・ダウニーJr、イギリスの人気俳優ジュード・ロウ、『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムス、イギリスの舞台やTVでも活躍するマーク・ストロング。監督は『スナッチ』のガイ・リッチー。黒魔術で世界支配を目論む男に、ホームズとワトソンが頭脳と腕力で挑む。ユーモアや皮肉を効かせ、派手なアクションで見せるエンタテインメント作品である。


 1890年代のロンドン。名探偵シャーロック・ホームズと相棒ジョン・ワトソン医師の働きにより、黒魔術で5人の女性を殺害したブラックウッド卿をスコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)のレストレード警部が逮捕。死刑宣告を受けたブラックウッドは「私は復活する」という不気味な言葉を残し、絞首刑に。一方ホームズのもとには、以前に2度もやり込められた美人で凄腕の犯罪者アイリーンが来訪。波乱の予感を感じる中、ブラックウッドが生き返ったという一報が届く。
ジュード・ロウ
 この映画は原作を参考に、ライオネル・ウィグラムとマイケル・ロバート・ジョンソンが原案を手がけ、ジョンソンとアンソニー・ペッカム、サイモン・キンバーグが脚本を担当したオリジナルのストーリー。ホームズとワトソンの名コンビの掛け合い、汗が飛び散る男臭いアクション、神秘主義を隠れ蓑に手練手管で攻撃するブラックウッドとの対決、峰不二子的な要素のアイリーン、ヴィクトリア朝の建造物、衣裳や美術セットなど、見どころ満載の作品だ。


 ホームズとワトソンが格闘に長けていることは小説にも明記。ホームズはボクシングや棒術、バリツ(柔術ほか東洋の護身術など諸説あり)など武術を操り、ワトソンはアフガニスタンから復員したもと兵士らしく実践的な戦い方で相手を倒す。もともと武術に通じているリッチー監督とダウニーJrは、劇中のホームズの格闘スタイルを2人で熱心に練り上げていったとのこと。ダウニーJrは語る。「ガイがやっているのが柔術で、僕のは詠春(ウィンチュン)カンフー。だから、僕たちはそういったものを組み合わせて、この映画のために独自の格闘スタイルを作ったんだ」。


 ホームズ役はロバート・ダウニーJrが生き生きと演じ、ワトソン役のジュード・ロウと好相性。テンポのいいバディムービーとしても魅力がある。アメリカ人のダウニーJrが英国を代表するキャラクターのホームズを演じるにあたり、「彼のイギリス英語のアクセントは非の打ちどころがないし、国際的な雰囲気をもっている」とイギリス人のリッチー監督は称賛している。腕っぷしが強く自由なアイリーン役はマクアダムスが、狡猾で威圧的なブラックウッド役はリッチー監督作品の常連のストロングが演じ、はっきりとした存在感を放っている。
ロバート・ダウニー・Jr、レイチェル・マクアダムス
 原案と製作を手がけたウィグラムは、世界中のホームズファンが集う会“ベイカー・ストリート・イレギュラーズ”の会員たちにヒアリングし、会の理事のひとりで“シャーロキアン”(シャーロック・ホームズの熱烈なファン)研究者であるレス・クリンガーから言葉や事実関係についてアドバイスを受けたとのこと。また撮影は、イギリスの名所やアメリカに設置された大規模な美術セットにて。イギリスではセント・ポール大聖堂やグリニッジの旧王立海軍大学、テムズ川に臨むサマーセットハウス、コナン・ドイルも会員だった格式ある会員制クラブのひとつリフォーム・クラブなど伝統的な英国建築の数々が楽しめるのも嬉しい。


 これまでに映画やテレビで繰り返し映像化されていながら、派手なアクション作品という新鮮なスタイルで復活した新生ホームズ&ワトソン。本国アメリカの興行が好調なことから、すでに続編の製作に動き出しているという噂も。今回の映画はなんといってもアクションがメイン。それはそれでスカッと楽しめるものの、せっかく演技ができる役者たちがそろっているので、次回はドラマにより深みが増すことに期待したい。
『シャーロック・ホームズ』 2008年 アメリカ映画
データ
2010年3月更新

ロバート・ダウニー・Jr

2010年3月12日公開
丸の内ルーブルほか
全国ロードショー

■2008年 アメリカ映画
■上映時間2:09
■ワーナー・ブラザース映画配給
■監督/ガイ・リッチー
■脚本/マーク・ボール
■脚本・原案/マイケル・ロバート・ジョンソン
■脚本/アンソニー・ペッカム
サイモン・キンバーグ
■原案・製作/ライオネル・ウィグラム
■製作/ジョエル・シルバー
■出演/ロバート・ダウニー・Jr
ジュード・ロウ
レイチェル・マクアダムス
マーク・ストロング



プロフィール
 
あつた美希 あつた美希
CSホロス株式会社代表取締役。フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。これまでに取材した人数は600人以上、2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』でコラム“シネマ・アロマ”を担当。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。
あつた美希