eHills Club 試写会日記

毎週、映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ! 傑作でもB級でも映画ってやっぱり素敵!!

オリエント急行殺人事件

A・クリスティーの名作を豪華キャストで映画化
豪華な列車内で発生した殺人事件に名探偵ポアロが挑む
原作にない逸話や新しい演出で引きつけるミステリー

オリエント急行殺人事件©2017Twentieth Century Fox Film Corporation

イギリスの作家アガサ・クリスティーが1934年に発表したミステリーを、監督・製作・出演のケネス・ブラナーをはじめ豪華キャストで映画化。出演は、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のジョニー・デップ、『マラヴィータ』のミシェル・ファイファー、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のデイジー・リドリー、『007 スペクター』のジュディ・デンチ、『抱擁のかけら』のペネロペ・クルスほか。製作には『オデッセイ』などのリドリー・スコット、サイモン・キンバーグが名を連ねる。トルコのイスタンブール〜フランスの港町カレー間を走る豪華な寝台列車“オリエント急行”の客室で、殺人事件が発生。乗り合わせていた名探偵ポアロは事件の謎解きを始めるが……。主役クラスの俳優たちの共演や、原作にないエピソードを盛り込み新しい演出で引きつけるミステリーである。

デイジー・リドリー,オリヴィア・コールマン,ジュディ・デンチ

エルサレムで事件を解決した名探偵エルキュール・ポアロは、イギリスでの事件の解決を依頼されオリエント急行に乗車する。そこでアメリカ人の富豪ラチェットから、脅迫されているため身辺警護をしてほしいと頼まれるが、ポアロはそれを断る。そして深夜、雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生した列車の客室で、殺人事件が発生。ラチェットが刺殺体で発見される。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜0時〜2時と断定。ポアロは鉄道会社のブークから捜査を頼まれ、13人の乗客、ラチェットの執事と秘書、オーストリア人の教授、アメリカ人の家庭教師、ロシアの公爵夫人、公爵夫人のメイド、宣教師、未亡人、ハンガリーの伯爵と伯爵夫人、セールスマン、医者、車掌の全員に話を聞いていくが、13人全員にアリバイがあった。謎が深まるなか、ラチェットがかつて、ある誘拐事件に関わっていたことが判明する。

ポアロの人物像を描く冒頭のシーンや、列車外のアクションなど、原作にないエピソードを盛り込み、よりモダンかつアクティブにミステリーを描く作品。これまでに何度も映像化や舞台化されてきた物語を改めて映画化した本作について、ブラナー監督は語る。「我々が目指したものは、新たなアプローチを見つけることだった。一流のストーリーは何度も伝える価値があると思っている」
 またA・クリスティーを曾祖母にもつアガサ・クリスティー社(ACL)会長兼CEOのジェームズ・プリチャードは、ブラナー監督が演じたポアロについてこのように語っている。「ケネスが演じるポアロは、今までのポアロよりもスタイリッシュで、よりアクティブになっている。そして、これまでのポアロとは違ったアプローチで列車の外でのシーンもある」

ミシェル・ファイファー

世界一の名探偵エルキュール・ポアロ役は、ブラナーが9ヶ月かけて作り上げたという大きな口髭で、ステッキを生かしたアクションも。富豪ラチェット役のジョニーは大げさなふるまいの尊大な男として、公爵夫人役はジュディ・デンチが威厳をもって、未亡人であるハバード夫人役はミシェル・ファイファーがどこか謎めいて、家庭教師役はデイジー・リドリーがはきはきと、もと乳母である宣教師ピラール役はペネロペ・クルスが原作とは違う名前で(『ポアロのクリスマス』という作品の人物から名前のみ拝借したとのこと)、オーストリア人の教授役はウィレム・デフォーが、ラチェットの執事役はアレク・ジャコビが、ラチェットの秘書役はジョシュ・ギャッドが、アーバスノット医師役はレスリー・オドム・ジュニアが、それぞれに演じている。
 ブラナーはポアロが登場するすべての小説(長編33作と短編50作)を読み、週3回のコーチを受けてベルギー訛りを習得し、本作に臨んだとのこと。またアガサ・クリスティーの小説の魅力と、それを体現した豪華キャストのアンサンブルについて、このように称えている。「アガサ・クリスティーの作品を描くには、素晴らしい娯楽作というだけでなく、喪失感や、悲しみという心の奥深くに触れることになる。本作でも登場人物は、多くの感情的な秘密を抱えている。深い感情を見事に体現できる名優たちとキャラクターを組み合わせることに興奮したし、彼ら全員を描くプロセスにもワクワクした。そしてみんなで、積み重ねたストーリーの層をはがし、人間性の層もはがしていったんだ」
 また日本語の吹き替え版では、ポアロ役は草刈正雄が、公爵夫人役は日本のミステリー作家・山村美紗を母にもつ山村紅葉が担当することも話題に。

撮影では、人間の視覚に近いという65mmフィルムを採用。ブラナーは語る。「言ってみれば人間の目を通して見たものに近づいた映像になる。観客もオリエント急行に乗せたくて、このフォーマットを選択したんだ」
 またオリエント急行の車体は、スイスに現存する唯一の“484列車”をもとに、機関車と炭水車、保存車、客車、食堂車、サロン・カーをスタジオに作り上げた。各車両の重量約25トンのしっかりとした作りで、室内の内装はやや落ち着いたアールデコふうのデザインに。趣のある美術やスタイリッシュなファッションも見どころのひとつとなっている。

ジョニー・デップ

ギネス世界記録にて史上最高の20億冊以上が出版されたベストセラー作家と認定されているアガサ・クリスティー。1934年に原作の小説『Murder on the Orient Express』が発表されてから、世界各国で映像化や舞台化がされ続けていることは周知の通り。2017年11月2日(現地時間)にイギリスで行われたロンドン・ワールド・プレミアにて、A・クリスティーの名作をいま映画化することについてジュディ・デンチはこのように語った。「今ではまさに伝説的と言えるクリスティーの代表作だけれど、あまりに多くの人がこの映画のエンディングを知らないのには驚かされる。でも、それは良いことよ。誰が犯人なのかを知らない若者たちが大勢観に来るというのは良いものね」
 そして同プレミアでブラナーはこの映画の魅力について、このように語った。「これまでの映画にはないキャラクターがあり、『誰が、どのようにして、なぜ』という意味でエンディングも変え、正義とは一体何なのかということを掘り下げていきました。だから物語を知っている人でも、新たな視点で見られる映画になったと思います。日本のみなさんが殺人ミステリー、特にアガサ・クリスティーが大好きで、なかでもエルキュール・ポアロ、『オリエント急行殺人事件』がお気に入りなのだと知っています。一同、この新作を大変誇りに思っています。日本のみなさんに楽しんでもらえますように!」
 世界的にアガサ・クリスティーが再注目されているなか、日本でも『オリエント急行殺人事件』『そして誰もいなくなった』がドラマ化されたのは記憶に新しく。20世紀フォックス映画は本作を皮切りに、現在『ナイルに死す』など2作の映画化を進めているというニュースも。まだケネス・ブラナーの監督・出演は決まってないようで、どんなスタッフ&キャストになるか、どのような演出になるか、いずれにしても楽しみにしている。

2017年12月4日更新

作品データ

劇場公開 2017年12月8日よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国ロードショー
制作年/制作国 2017年 アメリカ映画
上映時間 1:54
配給 20世紀フォックス映画
原題 Murder on the Orient Express
監督・製作 ケネス・ブラナー
原案・脚本・製作総指揮 クリス・テリオ
脚本 ジョス・ウェドン
出演 ケネス・ブラナー
ジョニー・デップ
ミシェル・ファイファー
デイジー・リドリー
ジュディ・デンチ
ペネロペ・クルス
ウィレム・デフォー
ジョシュ・ギャッド
レスリー・オドム・ジュニア
ライター:あつた美希 CSホロス株式会社代表取締役。フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/2015年はハースト婦人画報社『25ans』で“姫のためのエンタメ・コンシェルジュ”、フレグランスジャーナル社『アロマトピア』で“シネマ・アロマ”を連載。インタビュー記事の執筆も。