eHills Club 試写会日記

毎週、映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ! 傑作でもB級でも映画ってやっぱり素敵!!

ミッドナイトスワン

トランスジェンダーの女性と孤独な少女が出会い、
互いに反発しながらも支え合ってゆく姿を描く
草g剛主演で、さまざまな悲哀や覚悟を映す人間ドラマ

ミッドナイトスワン©2020 Midnight Swan Film Partners

草g剛がトランスジェンダーの女性を演じ、愛を見出してゆく姿を描く人間ドラマ。共演は、オーディションで抜擢され本作が女優デビューとなる14歳の新人・服部樹咲、『喜劇 愛妻物語』の水川あさみ、『鉄男』の田口トモロヲ、舞台や映画やドラマで活躍する真飛聖ほか。監督・脚本は『下衆の愛』の内田英治、音楽は『SPEC』の渋谷慶一郎が手がける。新宿にあるニューハーフのショークラブで働くトランスジェンダー凪沙は、養育費を目当てに遠縁の少女・一果を預かることに。子ども嫌いの凪沙と育児放棄にあっていた一果の2人暮らしが始まるが……。孤独な人間たちが出会い、反発し合いながらも支え合い、新しい感情や関係を見出してゆく姿を描く。きれいごとだけじゃない現実にもがき苦しみ、それでも生きてゆく人たちの悲哀や強さや覚悟を映す人間ドラマである。

草g剛

東京、新宿。ニューハーフのショークラブ<スイートピー>では、今夜もステージにトークにと、トランスジェンダーの凪沙や洋子ママらが客をもてなしている。目的のためにお金を貯めている凪沙はある日、広島で暮らす実家の母から電話で頼まれ、親戚の娘・一果を預かることに。子ども嫌いで養育費が目当ての凪沙と、母親から育児放棄されていた一果は共に歩み寄ろうともせず、反発し合いながらも2人で暮らし始める。そんななか、一果はバレエ教室が気になり、レッスンを受けることに。そこには同じ学校のりんが通っていて、裕福な家庭のりんから古いレッスン着をもらうなどするうちに仲良くなってゆく。一果はバレエ教室の月謝を自分で払うため、りんの紹介でJKバイトをするがトラブルを起こし、警察に保護される。凪沙は警察に呼び出され驚きや苛立ちを感じるも、りんの母親から家庭環境を中傷された一果をかばって励ます。その後、一果にバレエの才能があるとわかった凪沙は、ある決意をする。

さまざまな事情のある孤独な人たちが出会い、反発したり支え合ったりしながら生まれる感情や関係、それぞれに生きていく姿をオリジナルの脚本で描く。理解されない哀しみやそこに付け入られてしまう苦しさ、自立して歩んでいくべきということなどが、静かに描かれている。LGBTに関わる暗く重い面も含むストーリーでありながら、役者たちの自然体で純粋さのある表現により、肩の力を抜いて観ることができる感覚だ。2020年9月10日に東京で行われた本作のイベントにて、内田監督は自身のオリジナル作品に込めた思いについて、このように語った。「オリジナルのストーリーを映画にするのはすごい難しいんです。そんな中で草gさんにオファーを受けていただいたことは本当にうれしかったし、え、まじ?って思いました。脚本を読んでもらって、納得して、そして役をやっていただける。イメージ的にはベストセラーの超大作に出ている感じなので、着地しないと思っているところに着地したのはうれしかったです」
 そして同イベントにて、草gは本作についてこのように語った。「原作がある作品も、とてもすばらしくて大好きだけど、この映画はオリジナルの良さが出ていると思います。監督が作品を、そしてみんなを引っ張ってくれたのは、脚本を書いている強みだと感じました。映画っていいなと思わせてくれる作品です」

服部樹咲

凪沙役は、草g剛がトランスジェンダーの女性であることを実家に隠し、複雑な思いを抱えながら新宿のショークラブで働く人物として。大げさに女性っぽい声や振る舞いをするのではなく、いつも通りに近い声で話しながらも、さりげない仕草や目線、話し方のなめらかさで女性らしさが伝わってくるのが自然な印象だ。凪沙の親戚の少女・一果役は服部樹咲が、演技初挑戦とは思えないような落ち着いた存在感でキャラクターによく合っている。服部樹咲は監督から「演技しすぎないように」と言われたそうで、「ありのままの姿を出せるようにとがんばりました」とコメントしている。現在14歳の服部は4歳からバレエを始め、平成29年・30年ユースアメリカグランプリ日本ファイナル進出、NBAジュニアバレエコンクール東京2018 第1位などの受賞経験がある、実力派の若きバレエダンサーであり、女優を続けるにしてもダンサーとして一層鍛錬してゆくにしても、今後の活躍が楽しみだ。また草gは服部の演技を称えて、前述のイベントで映画が国内外の多くの人に観てもらえるよう願いを込めつつ、このように語った。「(彼女の演技に)僕が引っ張られました。これまでいろんな作品に携わってきたけれど、経験とかだけじゃなく、佇んでいる姿が一番大事っていうことに気づかされて、僕をゼロに戻してくれました。今までで一番無意識な状態で演技ができました。これが草g剛の“エピソード0(ゼロ)”です。ここから羽ばたいていきます。『ミッドナイトスワン』のように。世界へ!」
 そして内田監督は愛がテーマのひとつである本作について、今の情勢への思いを込めて脚本を練り直したとコメントしている。「(無償の愛は)今の時代もっとも急激に減っているもの。コロナのせいで、今年くらいから激減している気がします、嫌ですね。今、悪い方に時代が変化しているから、ちょっと希望を持たせるようなシーンやセリフに変えたりしました。もっと昔みたいに愛情みたいなものが戻ってくるといいなと思います」
 一果をネグレクトする母親・桜田早織役は水川あさみが、凪沙が働くショークラブの洋子ママ役は田口トモロヲが、ショークラブで一緒に働く仲間たちの瑞貴役は田中俊介が、キャンディ役は吉村界人が、アキナ役は真田怜臣が、一果通うバレエ教室の講師片平実花役は真飛聖が、一果と同じバレエ教室に通う友だち桑田りん役は上野鈴華が、りんの母親・桑田真祐美役は佐藤江梨子が、りんの父親・桑田正二役は平山祐介が、広島で暮らす凪沙の母親・武田和子役は根岸季衣が、それぞれに演じている。撮影時、スタッフ陣による登場人物への思い入れが強くあったそうで、このことについて内田監督は前述のイベントで語った。「(撮影)現場ではスタッフの凪沙と一果への思い入れがすごかった。凪沙派、一果派に別れて感情移入するスタッフの涙があふれていた現場でした。こんなにスタッフが泣く現場は初めてです。感情移入がハンパなくて、撮影現場が“劇場”のようでした」
 そして草gは俳優として本作の撮影で改めて感じたことについて、スタッフへの感謝と共にこのように語った。「撮影ってやっぱりおもしろいんですよ。映画っておもしろい。なんでこんなに楽しいのかなって思いました。凪沙を演じているのは僕だけど、照明さん、メイクさん、カメラさん、みんなが凪沙という役を愛してくれて出来上がった気がします」

草g剛,服部樹咲

それぞれの事情や思いをもつ人たちが出会い、影響し合いながら変化してゆく。本作のなかには、圧倒的な能力や存在と出会うことで、巻き込まれてゆく人たち、意図せずして巻き込む側になってしまう人間、それぞれの苦悩や幸せ、覚悟や決断といったことも描かれている。はたからどう見えようと、幸・不幸は本人がどう感じるかであり、自分の人生を自身で決めて選び取ることが納得のいくことなのだと伝わる面も味わい深い。オリジナルの脚本の執筆からようやく完成した本作への思いと観客へのメッセージについて、内田監督は語る。「誰にも見向きもされず、5年ほど前からコツコツと脚本を書き溜めてきました。そんな映画を草g剛さんという日本中が知っている役者さんが参加してくれる、という地から天へという飛び方をした映画で、実際撮影も終えて、こうやって皆さんに観ていただけることになりました。社会的なことを扱っているけれど、でもやはり娯楽として、こういう映画もいっぱいあるんだぞ、と広めていきたいと思っている映画です。ぜひ、芝居とストーリー、いろんな部分を楽しんでいただけたら嬉しいです」
 そして最後に前述のイベントにて、草gと服部が伝えたメッセージをご紹介する。
 草g「この作品の素晴らしさに触れてくれることをすごくうれしく思います。エンタメの世界も規制があったりとか、ちょっと難しい状況にあるなかで、公開できることをうれしく思います。観てくださったみなさんのひとことの感想が次に繋がると思うので、観終わった後に、僕らにも、周りの人にもたくさん感想を伝えてください。よろしくお願いいたします」
 服部「観てくれるみなさんが、自分らしく生きることに自信が持てるようになったり、観終わった後に、もっと(自分の人生を)大切にしたいと思ってくれたらうれしいです」

2020年9月25日更新

作品データ

公開 2020年9月25日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショー
制作年/制作国 2020年 日本
上映時間 2:04
配給 キノフィルムズ映画
監督・脚本 内田英治
出演 草g剛
服部樹咲
田中俊介
吉村界人
真田怜臣
上野鈴華
佐藤江梨子
平山祐介
根岸季衣
水川あさみ
田口トモロヲ
真飛 聖
ライター:あつた美希 CSホロス株式会社代表取締役。フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。これまでに取材した人数は600人以上、2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』でコラム“シネマ・アロマ”を担当。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。