eHills Club 試写会日記

毎週、映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ! 傑作でもB級でも映画ってやっぱり素敵!!

ドライブ・マイ・カー

村上春樹の短編小説を濱口竜介監督が映画化
カンヌ映画祭で日本映画として初めて脚本賞を受賞
孤独と喪失、響き合う心情を丁寧に映し出す物語

ドライブ・マイ・カー©2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

村上春樹の短編小説を『スパイの妻〈劇場版〉』の濱口竜介監督が映画化。第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて、日本映画として初めて脚本賞を受賞した注目作。出演は、『風の電話』の西島秀俊、歌手としても活躍している『おらおらでひとりいぐも』の三浦透子、『さんかく窓の外側は夜』の岡田将生、『ノルウェイの森』の霧島れいかほか。脚本は濱口監督と共同で、舞台経験があり映画やドラマで監督・脚本家を務める大江崇允が手がける。俳優で演出家の家福は、愛する妻・音を突然亡くした2年後、寡黙な専属ドライバーのみさきと出会い……。自身で呑み込み続けるしかない喪失感、孤独な人間同士の邂逅、ふとしたはずみで触れる真理のようなもの。劇中に「ワーニャ伯父さん」「ゴドーを待ちながら」の演劇を取り入れ、登場人物たちの心情やストーリーが響き合う。サーブが広島、東京、北海道、韓国などを走るさまをとらえ、人の心の動きを丁寧に映し出す物語である。

夜明け前の薄暗い寝室。ベッドの上で音は静かに話し始め、家福悠介は驚いた様子もなく、妻が語る謎めいた物語に耳を傾ける。そして翌朝、家福は愛車のサーブを走らせながら、助手席にいる音から昨晩聞いた物語を音本人に語り直す。セックスの後に自分が語った話を覚えていない音は、笑いながらスマホに物語の要点をメモする。脚本家の彼女は、その話を作品にしようと考えているらしい。いろいろあれども、愛する妻との満ち足りた日々がずっと続くと家福は信じていたかったが、音はくも膜下出血により突然他界する。そして2年後、広島国際演劇祭から「ワーニャ伯父さん」の演出を依頼され愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。

岡田将生,西島秀俊

村上作品の短編「ドライブ・マイ・カー」を濱口監督が映画化し、カンヌ国際映画祭にて脚本賞を受賞した本作。妻という他者の秘密と謎、最愛の妻を亡くした男の後悔と喪失感、過去にやりきれなさをもつ者同士の出会い、異質さとの対話でクリアに共振する何か。孤独のなかで停滞し、そして時にはゆっくりと、時には勢いよく流れだす情感のゆくえをじっくりと映してゆく。企画の始まりは、濱口監督が山本晃久プロデューサーから村山春樹の別の短編について映画化を打診された時に、以前に自身が読んだ短編「ドライブ・マイ・カー」を思い出したことだったとのこと。そこで山本プロデューサーに、「『ドライブ・マイ・カー』であれば映画化したい」と話し、監督はその後の2019年2月にプロットを書く。そして村上春樹に手紙を添えてプロットを送付したところ、直接の返事はなかったものの制作の許可が下りたそうだ。監督は原作への思い入れと映画化について語る。「短編が出た2013年から読んでおり、惹かれるものを感じていました。車という閉鎖されたプライベートな移動空間を題材に、なかなか自分の話をしない人物が“この人にだったらこの話をしてもいいかもしれない“という領域が徐々に広がる姿が描かれている。そして“演じる”というテーマ。“人生”と“演じる”というテーマの結びつきについて描いていて、これなら自分で出来るかもしれない、と思いました」

舞台俳優であり演出家の家福悠介役は西島秀俊が、亡き妻への思慕や後悔などをさまざまに抱える人物として。複雑な妻を愛し、彼女を亡くした後の喪失と共に生きるなかで、人との出会いにより気づきを得てゆくさまを表現している。家福が出会う専属ドライバーの渡利みさき役は三浦透子が、常に自身としてそこにある姿を自然に。音が生前に家福に紹介した俳優の高槻耕史役の岡田将生は、劇中の後半で肝となるシーンを自他共に認める会心の演技で披露している。そして家福の妻・音役は霧島れいかが、夫を愛しながらも心身の求めるままに生きた人物として、不思議な存在感を発している。音は共感や理解をされにくいキャラクターだけれども、霧島の全体の美しさや表現、監督の演出などが相まって、すんなりと見つめていられる感覚があり面白い。また、韓国、台湾、フィリピン、インドネシア、ドイツ、マレーシアからオンラインのオーディションで選出された海外キャストも出演している。
 濱口監督はベストなキャスティングで映像化できたことを、とても嬉しく思い感謝しているとのこと。2021年8月12日に東京で行われたプレミア上映イベントにて、カンヌ国際映画祭にて脚本賞を受賞したことについて、俳優たちへの感謝と共にこのようにコメントした。「脚本というものは当然映画には映っていないものなので、役者さんの演技を通じて感じて頂けたものだと思う。役者さんの演技が素晴らしいものでなければ頂けなかったものだと思っています。作品を観て頂いた方には同意いただけると思います」

霧島れいか,西島秀俊

海外キャストは、広島演劇祭のシーンで多数出演。劇中の演劇は多言語劇で、9つの言語が飛び交うユニークな展開となっている。さらに劇中劇の「ワーニャ伯父さん」(ロシアの作家チェーホフによる四大戯曲のひとつ)には、韓国手話で演技をする女優、というキャラクターも。映画に手話を取り入れたことについて、濱口監督は語る。「もともと興味があったんです。以前、聴覚障がい者の映画祭に呼ばれたことがありました。そこでは当然、手話がメインの言語になっていて、自分は外国人のような感覚になりました。同時に、手話者間ではものすごくスムーズにコミュニケーションがなされていることに驚きました。手話というのは自分が知らなかっただけでとんでもなくスムーズにコミュニケーションが取れる言語なのだなということと、それ自体がやはりすごく肉体的で、話者自身の人となりが現れやすい表現に感じたんです。その時にこれはもうただ異文化交流しているだけで、障がい者とか健常者っていう捉え方をしているのは間違っているんじゃないかという気がしたんです。それ以来、手話が持っている魅力というのをどこかで映画に取り入れたいとずっと考えていて、多言語演劇を取り扱うこの機会にやってみようと思いました」

撮影は広島を中心に、東京、北海道、韓国などにて。原作は東京のみが舞台であるものの、東京では車の走行シーンが自由に撮影できないことから、広島をメインに、瀬戸内の島々や北海道で撮影したと監督は語る。劇中には、家福が参加する演劇祭の会場として、丹下健三が1955年に設計し’89年に建て替えられた広島国際会議場、家福が広島滞在中に宿泊する場所として、重要伝統的建造物群保存地区である大崎下島の港町・呉市の御手洗エリア、みさきのお気に入りの場所として、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の新館などを手がけた建築家・谷口吉生の設計による、広島市に実在するごみ処理施設・環境局中工場、みさきの実家の跡地として、北海道赤平市にある旧北炭赤間炭鉱の石炭くずを積み上げたズリ山の斜面などが登場している。また映画で家福の愛車として登場する車は赤いサーブ 900を採用。原作では黄色のサーブ900コンバーチブルであるが、映画では風景により映えるように、赤のサーブ900ターボのサンルーフにしたという。劇中では、ごみ処理施設を訪れた後に一服するシーンや、みさきの実家の跡地で広く風景を映すシーンなど、車という限られた空間の密室からパッと空に視界が開ける空間につながるところは、観ていて快い。

西島秀俊,三浦透子

本作の原作の短編「ドライブ・マイ・カー」は、短編小説集「女のいない男たち」に収録された全6篇のひとつ。累計発行部数は70万部を超え、19カ国語に翻訳されている。映画では「ドライブ・マイ・カー」に加え、同短編小説集に収録の「シェエラザード」「木野」のエピソードも投影していることについて、濱口監督は語る。「原作は短編なので、映画にするためには材料が明らかに足りない。なので膨らまさないといけないけれど、それが物語にとって見当違いなものではいけないわけですよね。プロットを書く際に原作を何度も読み返すうちに、『女のいない男たち』に収められた同時期に書かれた作品にはやはりどこか互いに共通するものを感じました。特に『シェエラザード』と『木野』です。『シェエラザード』は、音と名付けた家福の妻の人物像をより立体的にするために。『木野』は家福が向かう、原作のその先を指し示している気がしました。それで原作短編『ドライブ・マイ・カー』の前後が埋められるような感覚があったので、お手紙で村上春樹さんにもそれらのモチーフを使う許可をいただきたいとお願いしました。幸いご快諾をいただき、現状のような形になっています」
 そして2021年7月4日に行われたカンヌ映画祭の壮行会イベントにて、村上春樹が本作を公開後に観る予定と聞いた濱口監督は、「そのように言って頂いたことは大変有難い。感想は誰よりも気になるし、楽しみ。どこかで感想が聞けたらこんな嬉しいことはないです」と笑顔で語った。

この映画は、第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて脚本賞を受賞したほか、同映画祭にて国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞という3つの独立賞を受賞。脚本賞と3つの独立賞という4冠の受賞はカンヌ史上初ということも話題に。これまでに濱口監督は、第71回ベルリン国際映画祭にて短編集『偶然と想像』が審査員グランプリ(銀熊賞)を受賞し、第77回ヴェネチア国際映画祭にて共同脚本を務めた『スパイの妻<劇場版>』が銀獅子賞(監督賞)を受賞。そして今回、三大映画祭にて受賞した気鋭の監督といわれることについて、監督は2021年7月31日に東京で行われた一般試写イベントにて、「こんなに賞をいただいたのは初めてなので、まずはありがたい。とても伝統ある映画祭であり、キャリアのある人を選んだ見識のある人を選んでいる映画祭なので、とても誇らしいことだと思います」と話し、「ラッキーで、巡りあわせだという風にも捉えています」とも。国内外で高い評価を受けている濱口監督は自身の作品作りについて、同試写イベントでこのように語った。「まず自分が面白いと思っているものを作るということ。日本で受けるものを作りたいということは考えているが、海外で受けたい、ということはそこまで強くは考えていない。映画は共同制作なので、自分が面白いというものを受け入れて下さる方たちと仕事をするということがとても大事なこと。日本で受けるか海外で受けるかというより、自分と同じような魂を持ったものに響くかということを重要視している」
 これから『ドライブ・マイ・カー』は、第46回トロント国際映画祭、第69回サン・セバスチャン国際映画祭、第59回ニューヨーク映画祭への正式出品が決定。世界中で愛される村上作品の映画化は、高い人気と知名度、信奉者というほどの愛読者が大勢いることから、良い面と共に難しい面もある。良い原作なら良い映画になるに決まっている、といった羨望がよじれた見方や、村上作品を読み込んでいる読者が深すぎる愛ゆえに難癖をつける、などなど。そうしたことも丸ごと呑み込んだうえで、濱口監督は確信をもって映像化した。最後に、約3時間という長い上映時間のことも含め、観客へ監督からのメッセージをご紹介する。「この場を借りて、素晴らしい小説の映画化を許可していただいた村上春樹さんに御礼を申し上げたい気持ちです。ありがとうございました。本当に面白い小説を、最高の形で映画化できたと思っています。キャストやスタッフの仕事を見ながら、いくつも奇跡的な瞬間に立ち会ったという実感があります。そして、その実感はきっと観客にも伝わるものだと確信しています。3時間、あっという間だと思います。そして、何度でも見たくなる映画だとも思います。小説と往復するように見返していただけたら、こんなに嬉しいことはありません。まずは是非、御覧ください」

2021年8月19日更新

作品データ

公開 2021年8月6日TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開
制作年/制作国 2021年 日本
上映時間 2:59
配給 ビターズ・エンド
原作 村上春樹
監督・脚本 濱口竜介
脚本 大江崇允
出演 西島秀俊
三浦透子
霧島れいか
岡田将生
:あつた美希
ライター:あつた美希/Miki Atsuta フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。1996年から女性誌を中心に活動し、これまでに取材した人数は600人以上。近年は2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』にて“シネマ・アロマ”を、2016〜2018年にプレジデント社『プレジデントウーマン』にてカルチャーページ「大人のスキマ時間」を連載。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。