恐竜博2019 The Dinosaur Expo 2019

日本・世界初公開の重要標本が一堂に!
恐竜研究の最前線&新常識に迫る

世界初公開・日本初公開の貴重な恐竜の実物化石や全身復元骨格が一堂に会する恐竜博が開催。恐竜研究の転機となった、「恐ろしいツメ」を意味するデイノ二クスの指先と手首の標本から、北海道・むかわ町で発見された大型恐竜の全身骨格まで、重要標本や新説を通して、ここ50年で塗り替えられてきた恐竜研究の新常識に迫る。

1969年、古生物学者ジョン・オストロム博士によるデイノニクス研究で、それまで考えられていたような愚鈍な恐竜のイメージが一新。この恐竜は素早く活発に動く生物で、後に恐竜から鳥類が進化したとする「鳥類の恐竜起源説」につながり、恐竜ルネッサンスという新しい恐竜観の時代が始まった。本展では、「恐ろしいツメ」を意味する学名のもとになった、門外不出のデイノニクスのホロタイプ標本(学名の参照基準となる一個体の標本)が日本初上陸。
 1979年の子育て恐竜マイアサウラの発表では、親が子どもの面倒を見ていた形跡が確認されたことから、恐竜は卵を産みっぱなしで生まれた子の世話はしないだろうという考えが一新。また、2010年には、アンキオルニスの羽毛の表面の色素や密度から、世界で初めて全身の色の特定に成功。さらに、2018年には、鳥類が身体を軽くするために行う「吐き戻し」が、恐竜の段階ですでに行われていたことが判明するなど、続々と新常識が提示されており、それを裏付ける資料や標本が時系列で並ぶ。

他にも、世界初公開の展示品が目白押し。モンゴル・ゴビ砂漠で1965年に長さ2.4mの前足の化石が見つかったが、それ以外が発見されないことから謎の恐竜とされてきたデイノケイルス。しかし近年頭骨などが発見され、本展で全身復元骨格がついにベールを脱ぐ。また、北海道で骨格の8割以上が揃った全身化石で発見された、「むかわ竜」の全身実物化石と全身復元骨格は、地元・むかわ町以外で初公開となる。

展示では、日本各地で発見された恐竜や海の巨大爬虫類を最新研究をもとに高精細CGで再現。「むかわ竜」が生きた恐竜世界を、迫力の4Kシアターで楽しめるのもポイントだ。そして最後に、約6600万年前の地球への隕石衝突で、中生代がどのように終わり、新生代がどのように始まったのか、また恐竜の絶滅前夜の生態系など、最新研究で恐竜絶滅に迫る。

デイノケイルス 全身骨格図©Genya Masukawa
デイノケイルス 前あし(展示は複製)<br>©Institute of Paleontology and Geology of Mongolian Academy of Sciences

「むかわ竜」が生きた恐竜世界のCG c NHK
「むかわ竜」 全身実物化石 北海道むかわ町穂別産 むかわ町穂別博物館所蔵
開催概要
展覧会名 恐竜博2019 The Dinosaur Expo 2019
会期 2019年7月13日(土) 〜 10月14日(月・祝)
休館日 7月16日(火)、9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)
時間 9:00〜17:00(金曜、土曜は20:00まで)
※8月11日(日・祝)〜15日(木)、18日(日)は18:00まで
※入場は各閉館時刻の30分前まで
会場 国立科学博物館
台東区上野公園7-20
>> 会場の紹介記事はこちら
入場料 一般・大学生 1,600円、小中高生 600円
公式サイト https://dino2019.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2019年7月更新