日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」

日本最古の歴史書『日本書紀』から、古代日本の成立や特質に迫る!

神代(神武天皇より前の神の治めた時代)から持統天皇11年(697)までを記した歴史書で、日本最古の正史『日本書紀』。今年は、その編纂から1300年という記念すべき年だ。本展では、日本書紀を象徴する地である島根県と奈良県、そして東京国立博物館が共同で展覧会を開催、出雲と大和の名品を一堂に集めて、古代日本の成立やその特質に迫る。

日本書紀は舎人親王(676〜735)が中心となって編纂。全30巻で巻1・巻2は神代、巻3の神武天皇から巻30の持統天皇までは編年体でまとめられており、和銅5年(712)編纂の歴史書『古事記』よりもたくさんの記事が収められ、現代までさまざまな視点から研究が続けられている。
 その冒頭に記された国譲神話によると、出雲大社に鎮座するオオクニヌシは「幽」、すなわち人間の能力を超えた世界、いわば神々や祭祀の世界を司るとされている。一方で、天皇は大和の地において「顕」、すなわち目に見える現実世界、政治の世界を司るとされている。つまり、古代において出雲と大和はそれぞれ「幽」と「顕」を象徴する場所として、重要な役割を担っていたのだ。

出雲の章では、出雲大社に古くから伝わる手箱や甲冑などのご神宝をはじめ、社殿を飾っていた絵画、境内から出土した巨大柱など、出雲大社の歴史を物語る作品が一堂に会する。また、国宝・荒神谷遺跡出土青銅器(銅剣・銅鐸・銅矛)から計189点、国宝・加茂岩倉遺跡出土銅鐸のうち30個を展示。これだけの数が東京でまとまって出品されるのは、およそ20年ぶりとなる。
 そして大和の章では、1300年の間、大和の地でひっそりと守り伝えられた最古級の石仏が寺外初公開。鋭い彫り口や、わずかに残る彩色などの細部にも要注目だ。また、黒塚古墳の被葬者を護り鎮めた33面の三角縁神獣鏡は、1つの古墳から出土した数としては全国最多で、その全点が出品される。

日本が国内外から大いに注目される2020年、古代日本の始まりに想いを馳せ、出雲と大和へのロマン紀行に旅立とう。

重要文化財 日本書紀 巻第二(部分) 南北朝時代・永和1〜3年(1375〜1377) 後期展示(2/11〜3/8) 愛知・熱田神宮蔵
国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2〜前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)
国宝 七支刀 古墳時代・4世紀 奈良・石上神宮蔵
重要文化財 浮彫伝薬師三尊像 飛鳥〜奈良時代・7〜8世紀 奈良・石位寺蔵
重要文化財 画文帯神獣鏡・三角縁神獣鏡(部分) 奈良県天理市 黒塚古墳出土 古墳時代・3世紀 文化庁蔵(奈良県立橿原考古学研究所保管)

開催概要
展覧会名 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
会期 2020年1月15日(水)〜3月8日(日)
※会期中、展示替えあり
前期展示:1月15日(水)〜2月9日(日)
後期展示:2月11日(火・祝)〜3月8日(日)
休館日 月曜日(ただし2月24日は開館)、2月25日(火)
時間 9:30〜17:00(金・土曜日は21:00まで)
※入館は各閉館時間の30分前まで
会場 東京国立博物館 平成館
台東区上野公園13-9
>> 会場の紹介記事はこちら
観覧料 一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 900円、中学生以下無料
公式サイト https://izumo-yamato2020.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2020年1月更新