画家が見たこども展 ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン

ゴッホ、ボナール、ドニらナビ派画家が見つめた、「子ども」の純粋な魂

2020年に開館10年目を迎える三菱一号館美術館。その記念展として、19世紀末パリの前衛芸術家グループ「ナビ派」の画家たちが追求した親密なテーマの中から「子ども」に焦点をあて、都市生活や近代芸術と「子ども」との関係を検証する展覧会が開催。フランス、ル・カネのボナール美術館の全面協力のもと、国内外の美術館および三菱一号館美術館の所蔵品から、ボナール、ヴァロットン、ドニ、ヴュイヤールらナビ派を中心とした油彩・版画・素描・挿絵本・写真等約100点が集う。

西洋美術の歴史において「子ども」は、宗教画にみられる幼子キリストや天使たち、ブリューゲルらのフランドル系の風俗画を除けば、その世界が絵画の中心的テーマになることはあまりなかった。それが、18世紀のロココ時代、19世紀のロマン主義時代を経て、ベラスケスやシャルダンのように、子どもたちの無垢な姿が画題として取り上げられるようになる。そこには、子どもが単に「小さな大人」ではなく、大人とは異なる純粋で崇高な存在として捉えられるようになる、「子ども観」の大きな変化があった。
 こうした潮流の中で、ゴッホやゴーガンをはじめ、近代の画家たちが子どもに向ける眼差しもまた大きく変化する。とりわけ親密さや素朴さを追求したナビ派の画家たちにとって「子ども」は最も身近かつ深遠な芸術のインスピレーション源の一つとなったのだ。

街中にいる子どもや公園で遊ぶ子どもたちを中心に繰り広げられる光景を見逃さず、モティーフとして取り入れたピエール・ボナールやエドゥアール・ヴュイヤール、子ども服の流行にも敏感に反応したフェリックス・ヴァロットン、9人の子どもに恵まれ自分の子どもたちの肖像を理想化された家族の光景として描いたモーリス・ドニ――ナビ派の画家たちの生きとし生ける小さき者たちへのまなざしから、純粋な子どもたちの魂を感じ取れるはずだ。

フィンセント・ファン・ゴッホ《マルセル・ルーランの肖像》1888年 油彩/カンヴァス ファン・ゴッホ美術館蔵 Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
モーリス・ドニ《サクランボを持つノエルの肖像》1899年 油彩/厚紙 個人蔵 Catalogue raisonné Maurice Denis, photo Olivier Goulet
モーリス・ドニ《赤いエプロンドレスを着た子ども》1897年 油彩/厚紙 個人蔵
モーリス・ブーテ・ド・モンヴェル《ブレのベルナールとロジェ》1883年 油彩/カンヴァス オルセー美術館蔵 Photo © Musee d'Orsay, Dist. RMNーGrand Palais / Patrice Schmidt / distributed by AMF
フェリックス・ヴァロットン《可愛い天使たち》1894年 木版/紙 三菱一号館美術館蔵
5組10名様 チケットプレゼント

本展チケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。ご希望の方は下記の応募フォームにご入力いただき送信ください。
なお、当選発表は発送をもってかえさせていただきます。
締切:2020年2月27日(木)

開催概要
展覧会名 開館10周年記念
画家が見たこども展 ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン
会期 2020年2月15日(土)〜6月7日(日)
休館日 月曜日(ただし、祝日・振替休日の場合、3月30日、4月6・27日、5月25日、6月1日は開館)
時間 10:00〜18:00
※祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 三菱一号館美術館
千代田区丸の内2-6-2
入場料 一般 1,700円、高大生 1,000円、小中生 無料
公式サイト https://mimt.jp/kodomo/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2020年2月更新