港区界隈の個性派 博物館
日本銀行金融研究所 貨幣博物館
布、米、銅銭、小判、紙幣…お金から辿る日本の歴史 日本銀行金融研究所 貨幣博物館

江戸時代に小判を鋳造した金座の跡地に建つ、日本銀行本店。隣の分館には、日本のお金の歴史を紹介する貨幣博物館がある。本物の金貨、銀貨などが並ぶ展示は時系列で分かりやすく、校外学習や大学のゼミなどの利用も多い。
 コレクションの中核をなすのは、古貨幣収集家・研究家であった田中啓文(1884〜1956)の10万点もの資料。戦火による喪失を避けるため、1944(昭和19)年に日本銀行に寄贈された。1947(昭和22)年、金銀貨がGHQによる接収を受けそうになるが、文化財として公開を条件に免れた数奇な運命を持つ。

年表から始まる各時代の展示。古代では、『日本書紀』に記載のある無文銀銭や富本銭のほか、本格的な貨幣流通を目指して発行された和同開珎が見もの。中世は、11世紀頃まで貨幣代わりに使われていた米、絹、布から、中国との貿易で流入した渡来銭主体の経済へ移行。年貢を納める際にも銭貨が使われるようになった過程を解説している。歴史の流れを説明するだけでなく、平城京の右大臣の給料が和同開珎にすると309,070文分であることや、室町時代の米1升が渡来銭8〜10文だったことなど、当時の暮らしもピックアップされており、遠い時代のお金でも身近に感じられる。バリアフリーを意識した低めの展示ケースには、子ども向けの説明文や補足トピックが書かれたカウンターが併設。メモを取るテーブル代わりにもなって便利だ。

目玉は、安土桃山・江戸時代。豊臣秀吉がつくらせた天正大判は、なんとワラジ大サイズ。徳川家康の遺金と考えられている分銅型の金塊「分銅金」も見逃せない。細かな文様が施され、煌びやかで精巧な造りはため息もの。江戸時代の両替商が使っていた天秤、分銅、千両箱、看板、そろばんなども展示されている。天正大判、分銅金、千両箱はレプリカで重さ体験も可能だ。約20kgある千両箱は気合を入れないと持ち上げられない。
 明治以降は、「円」の導入と日本銀行券の流通が中心に。1871年に発行された20円金貨は精巧な技術で龍が彫られた貴重なもの。1881年に政府が発行した改造紙幣は、西洋風の神功皇后が描かれており、インパクトがある。最初の日本銀行券「大黒札」、裏面の印刷を省いた200円券(裏白券)などの紙幣とともに、風景や世情を風刺した錦絵や当時の物価なども展示されている。

企画展によっては展示されない時もあるが、ニッケル、アルミニウム、亜鉛、錫など貨幣の原材料となった金属、坩堝(るつぼ)、極印といった製造道具などを解説した「お金をつくる技術」、財布、貯金箱、すごろく、包銀などが展示された「暮らしの中のお金」も、歴史とは違った視点で眺められて面白い。
 東京駅から徒歩圏内で、出張や旅行のついでに立ち寄る人も。無料ガイドツアーに参加して、より深く学ぶのもオススメだ。
 その時を生き抜いた人たちの暮らしを体現する紙幣や貨幣。目の当たりにすることで、今のお金への見方も変わるかもしれない。

    日本銀行金融研究所 貨幣博物館(三越前)
  • 中央区日本橋本石町1-3-1
    日本銀行分館内 [MAP]
  • 03-3277-3037
  • 入館無料
  • 9:30〜16:30(最終入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日
    月曜日(祝日の場合は開館)、
    年末年始、臨時休館日
  • 半蔵門線・銀座線「三越前駅」徒歩2分
    JR「東京駅」日本橋口から徒歩8分
  • webサイト
和同開珎
丁銀
山田羽書
分銅金
江戸時代の小判と一分金
古代、中世、近世、近代の各時代で当時の貨幣価値

2016年1月取材/2016年2月更新