HILLS PHOTO NEWS


ゴービトゥイーンズ展:こどもを通してみる世界 内覧会

ゴービトゥイーンズ展:こどもを通してみる世界 内覧会
六本木ヒルズ 森美術館

2014/5/30(金)
様々な境界を自由に行き来するこどもの性質にフォーカスし、こどもの視点を通して多様な価値の共存する世界を改めて展望しようと試みる企画展がスタート。同展は19世紀後半NYで貧困層の移民を取材した写真家ジェイコブ・A・リースが、英語を話せない両親の橋渡しをするこども達を「ゴービトゥイーンズ」と呼んだことから着想を得たという。異文化や異次元など、様々な境界を行き来するこどもの姿を世界各国のアーティスト26組がとらえた多岐に渡る表現作品110点で展観する。会期は8月31日(日)までの10:00から22:00(火曜日のみ17:00まで)、入館は閉館時間の30分前まで。