HILLS PHOTO NEWS


旅するマーケット 2018年夏・秋の章

旅するマーケット 2018年夏・秋の章
新虎通り(西新橋2-16-6 先)

2018/7/13(金)
 様々な自治体の特産品や魅力を発信してきた「旅する新虎マーケット」が、今年4月から「旅するマーケット」として継承。そして、7月からは夏・秋の章がスタートした。

 「旅するスタンド」では、三重県の北勢地域に位置する桑名市、菰野町、鈴鹿市が出店。蛤、まこも、ポークなど、各地域の食材を使ったメニューが昼は定食で、夜はお酒にも良くあう一品料理で楽しめる。定番以外にも、月によってオススメの創作料理やスイーツなども登場するそう。

 また、メニュー提供時に使用する食器や酒器にも、萬古焼の産地である菰野町にある「かもしか道具店」の納豆用の小鉢や、鈴鹿市のバイクパーツ製造技術を活かたチタン製タンブラーなど、北勢地域の工芸品が採用されており、店頭やWEBサイトで購入可能だ。

 7月29日には、鈴鹿名物「鈴鹿8時間耐久ロードレース」のパブリックビューイングも開催!

期間は12月28日(金)まで。日曜休(月曜が祝日の場合は日曜営業・月曜休)。時間は11:30〜15:00、17:30〜22:00(土日祝は11:30〜19:00)。