HILLS PHOTO NEWS


瀧本幹也 たった12の『CROSSOVER』展。

瀧本幹也 たった12の『CROSSOVER』展。
TOBICHI(南青山4-25-14)、TOBICHI②(南青山4-28-26)

2018/8/7(火)
 数々の広告写真・CM・映画を手がけ、クリエイターたちを魅了してきた写真家・瀧本幹也(たきもとみきや)。その多彩な活動の一部をTOBICHIとTOBICHI②両方を使って紹介する企画展が開催中だ。

 メイン会場のTOBICHI②では、20年のキャリアの中で生まれた数千にも及ぶ写真の中から、12作品を厳選して展示。多くの広告賞を受賞した写真「世界卓球 2015」の、イラストっぽく見せるための手の込んだ工夫や、ミュージシャンのジャケット写真を撮る際の発想力など、その天才的なアイデアの結晶を、準備段階で撮影されるポラと、会場で配られる解説と一緒に鑑賞することができる。

 また、CM作品シアターでは、瀧本が手がけたコマーシャルフィルムを約40分にわたって放映。「このCMも瀧本さん!?」と驚くほど記憶に残るCMばかりで、さながら短編映画を観ているようだ。

 そして、TOBICHIでは、瀧本が撮影した是枝裕和監督の作品『そして父になる』『海街diary』『三度目の殺人』から、1作品につき20カットほど抜き出し、専用機材で壁に投影した「一コマ映画」が楽しめる。

 2会場をぐるりと巡って、写真家・瀧本幹也の20年の歩みを立体的に感じてみよう。

会期は8月12日(日)まで。時間は12:00〜19:00。