HILLS PHOTO NEWS


新スペース東京カルチャーリサーチで「平成展 1989-1999」

新スペース東京カルチャーリサーチで「平成展 1989-1999」
東京カルチャーリサーチ(六本木ヒルズ森タワー52F THE SUN & THE MOON内)

2018/8/31(金)
 絶え間なく変化する東京のカルチャーシーンを、発見・研究し紹介する小展示スペース「東京カルチャーリサーチ」が、六本木ヒルズ52Fの展望台に隣接するTHE SUN & THE MOON内にオープン。そのオープニング展として、平成をポップカルチャーで振り返る三連展の第1回目「平成展 1989‐1999」がスタートした。

 本展は、平成の終わりという節目の年を鑑賞者自身の記憶と共に振り返ろうという試みで、まずは平成元年である1989年から1999年の初期10年を切り取りアーカイブ。展示と連動したVR作品で多角的な演出を楽しめるのも大きなポイントだ。

 「プリクラ」「今夜はブギー・バック」「たまごっち」「矢沢あい」など、その時代の重要なワードを通して、“遊び”がポップカルチャーとして許容されていく時代の変遷を辿る。

 また、六本木ヒルズ建設前の六本木周辺の映像も観ることができ、ビルと平成との関わりに思いを巡らせる機会にもなりそうだ。

会期は10月31日(水)まで。不定休。時間は10:00〜22:00。「平成展 2000-2011」は2018年12月1日〜、「平成展 2011-2018」は2019年3月1日〜。