HILLS PHOTO NEWS


六本木ヒルズに、プレミアムダイニングフロア&フードホールが誕生

六本木ヒルズに、プレミアムダイニングフロア&フードホールが誕生
六本木ヒルズ ウェストウォーク5F、ヒルサイドB2F

2018/9/10(月)
 開業15周年を迎えた六本木ヒルズに、新たな食文化を発信する10店舗が9月13日オープン。

 ミシュランの星を獲得し続ける日本料理店「よし澤」をはじめ、現在食べログの焼き鳥部門日本一位の「鳥しき」の分店「鳥おか」、日本におけるスペイン料理界の第一人者ジョセップ・バラオナ・ビニェス氏による新業態「BIKiNi sis」など、接待や特別な日に使いたいハイクオリティ店が軒を連ねる。

 また、シンプルを極めた“澄まし麺”がランチでは1,000円からいただける「澄まし処 お料理 ふくぼく」や、お肉への愛が止まらない「赤身専門にくがとう」の六本木ヒルズ店限定ランチ「名物カニクリーム牛カツ御膳1,650円」など、これまで味わったことのない名物メニューを、通いやすいランチ価格で提供する新店もオープン。

 さらに、ヒルサイドB2Fには、関東初出店となるデリ・スーパーマーケット・レストランが一体となった「グランドフードホール」も登場し、土作りからこだわった完熟トマトジュース「トマトの中のトマト」などオリジナル商品も充実。調味料やスイーツ、パン、産地直送品など、普段使いからギフトまでさまざまなシーンで重宝しそうなラインナップが魅力だ。

9月13日(木)オープン。営業時間は店舗によって異なる。