HILLS PHOTO NEWS


特別展 明治150年記念 華ひらく皇室文化 ―明治宮廷を彩る技と美―

特別展 明治150年記念 華ひらく皇室文化 ―明治宮廷を彩る技と美―
泉屋博古館分館(六本木1-5-1)

2019/3/15(金)
 明治皇室が守り伝えた美術工芸品を紹介する特別展が、泉屋博古館分館と学習院大学史料館の2か所で同時開催。

 明治維新後、一気に西欧化が進んだ日本の文化・社会だが、皇室も例外ではなく、諸外国との外交のために洋装・洋食を採り入れていった。展示では、その様子が分かる宮中晩餐会の食器や正装ドレス、慶事の際に来賓に配られるボンボニエールなど、華やかな宮廷文化を伝える品が並ぶ。
 その一方、伝統文化保護のため、皇室が美術の制作を奨励する「帝室技芸員」制度が誕生。展示後半では、帝室技芸員に任命された竹内久一の精緻な彩色彫刻≪神鹿≫や、板谷波山の近代陶芸初の重要文化財≪葆光彩磁珍果文花瓶≫など、美術界の最高の栄誉とされた帝室技芸員の作品を観ることができる。

 西欧文化を受容しつつも、誇りと気概を持ち新たな日本美へと昇華した、明治皇室ゆかりの技と美を堪能あれ。

【会期】3月16日(土)〜5月10日(金) 【休館日】月曜(4月29日、5月6日は開館)、4月30日、5月7日 【時間】10:00〜17:00