HILLS PHOTO NEWS


Hacoa Exhibition & Shop 木工とチョコレートの関係

Hacoa Exhibition & Shop 木工とチョコレートの関係

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3(赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)

2020/1/31(金)  1500年の歴史を誇る越前漆器の産地・福井県鯖江市で生まれた木製デザイン雑貨ブランドHacoa(ハコア)。
 老舗木工所がオシャレ雑貨を作るまでのブランドストーリー紹介や、約1年前から取り組むハンドクラフトチョコレートの販売などを通して、企業の魅力に迫る展覧会&ショップが期間限定オープン。

 一見すると全く関係のない「木工」と「チョコレート」だが、Hacoaでは“木の恵み”という意味でこの2つに共通点を見出した。どうしたら五感で伝える商品を作れるのかと考えた末、木型にチョコレートを流し込みオリジナル商品を生み出すことで、木工にはカバーできなかった“味覚”まで満たそうというアイディアだ。「木の葉のタブレット」「木目のバー」「年輪のプラリネショコラ」など、木を扱う企業だからこそのユニークなチョコレートの数々に心躍る。

 会場では他にも、Hacoaの代表的な木工製品の販売や、職人が教える無垢の鉛筆づくりワークショップなども開催されている。

【期間】2月1日(土)〜2月14日(金)
【休館日】2月4日(火)
【時間】10:00〜19:00(土曜12:00〜19:00)