HILLS PHOTO NEWS


岡本太郎の版画

岡本太郎の版画

岡本太郎記念館(南青山6-1-19)

2020/2/26(水)  岡本太郎記念館にて、初めて「版画」に焦点をあてた企画展が開催。

 「芸術は一部のマニアや金持ちのものではなく、民衆のもの」という芸術観に基づき、テーブル、イス、時計、鯉のぼり、おまけのグラスなど、量産可能なマルチプル作品を積極的に制作した太郎。そんな作家にとって版画は、恰好の表現媒体であり、リトグラフ、エッチング、シルクスクリーン、木版などあらゆる技法の作品を遺してきた。

 今展では、さまざまなアプローチによる30点余の版画作品をはじめ、エッチングの原版、木版画の試し刷りに記された直筆の指示書など、作家の息づかいを感じる貴重な関連資料も展示。代名詞であるダイナミックな筆致がそのまま活かされた作品もあれば、彫師・摺師との協働により抑制のきいた柔らかさを持つ木版、シャープで細いラインのリトグラフなど、これまでの岡本太郎とはまた違った魅力を感じられる作品に出合える。
 1階奥のアトリエには、2階の企画展に関わる絵画が展示されているので、そちらもお見逃しなく。

【会期】2月26日(水)〜6月28日(日)
【休館日】火曜(祝日の場合は開館)
【時間】10:00〜18:00