HILLS PHOTO NEWS


実験的オンラインイベント「Staying TOKYO」第3弾が今夜開催

実験的オンラインイベント「Staying TOKYO」第3弾が今夜開催

ライゾマティクス

2020/4/24(金)  クリエイティブ集団ライゾマティクス主催の、実験的オンラインイベント「Staying TOKYO」の第3弾「Staying TOKYO Vol.03 "Public Experiment"」が本日20時より開催。
 4月3日から毎週金曜に開催されている本企画は、アーティストやクリエイターが毎回オンラインで参加し、アート、音楽、デザイン、建築、その他表現など、外出自粛が続く中でも今できることを持ち寄って楽しもうというもの。

 Vol.03となる今回は、トークゲストに東京都現代美術館参事の長谷川祐子氏とアーティストのオラファー・エリアソン氏を招き、アートを取り巻く現在の状況についてディスカッションする。開催延期となっている個展「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」についても話が聞けるはずだ。
 また後半は、ライゾマティクス・リサーチ主宰の真鍋大度のオーディオと、テクニカル・アーティストのKeijiro Takahashiのビジュアルによる、Remote Audio Visual LiveとRemote DJ VJ Sessionを開催。ライゾマティクス・リサーチが開発したシステムによる、2人の初セッションに注目したい。

 次回のStaying TOKYOは5月1日の開催が決定している。

>>Staying TOKYO Vol.03 "Public Experiment"
【配信日時】4月24日(金)20:00〜23:00