HILLS PHOTO NEWS


東京都現代美術館 展覧会の展示風景をHPで公開

東京都現代美術館 展覧会の展示風景をHPで公開

東京都現代美術館(江東区三好4-1-1 木場公園内)

2020/4/28(火)  現在臨時休館中の東京都現代美術館にて、開幕が延期となっている展覧会の展示風景がHPで公開されている。

 アイスランド系デンマーク人アーティスト、オラファー・エリアソンの日本では10年ぶりとなる大規模個展「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」、パリとサンフランシスコを拠点とするカディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画展「もつれるものたち」、線を核とするさまざまな表現を現代におけるドローイングと捉え、その可能性をいくつかの文脈から再考する「ドローイングの可能性」の3つの展示風景がオンラインで鑑賞できる。
 また、オラファー・エリアソン展は、スタジオ・オラファー・エリアソンによる本展のための特設サイト(英語のみ)も公開されており、コンセプトや展示作品についての理解を深めることができる。

>>オラファー・エリアソン ときに川は橋となる
>>もつれるものたち
>>ドローイングの可能性
【会期】3月14日(土)〜6月14日(日)
【画像】石川九楊《もしもおれが死んだら世界は和解してくれと書いた詩人が逝った −追悼 吉本隆明》2012 作家蔵