HILLS PHOTO NEWS


天上の舞 飛天の美 内覧会

天上の舞 飛天の美 内覧会

東京ミッドタウン サントリー美術館

2013/11/22(金) 「平等院鳳凰堂平成修理完成記念 天上の舞 飛天の美」展プレス内覧会の様子。浄土世界の表現としてインドから中央アジア、日本に伝わった空を飛び舞い踊る天人「飛天」。本展では地域・時代を超え美術作品のモチーフとされてきたその優雅な姿を彫刻、絵画、工芸にわたり広く展示する。平等院鳳凰堂が2014年春に修理完了・拝観再開することを記念し特別公開される国宝の飛天像や菩薩像などの諸天人像が大きな見どころ。本来は鳳凰堂内本尊を取り囲み頭上に眺めることしかできない像だが、同展では間近で鑑賞できる。更に、《国宝雲中供養菩薩像》南20の摸刻像は実際に触れることも可能。天上に舞う飛天を近くに感じられる企画展。会期は2013年11月23日(土・祝)から2014年1月13日(月・祝)までの10:00から18:00(金・土、および祝日前日は20:00まで)。火曜日、12月30日(月)から1月1日(水)は休館。