マイビッグファットウェディング 試写会日記 毎週、熱田美希から映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ!傑作でも愚作でも、映画ってやっぱり素敵!!
マイビッグファットウェディング

© 2002 Gold Circle Films, LLC. All Rights Reserved
Distributed by Warner Bros. in select territories
コメディエンヌの爆笑&ハートフルな
結婚エピソードを本人主演で映画化!
ハッピー気分を約束する“ザ・招福ムービー”!



 低予算の製作費、有名俳優なし、大々的なCMもプロモもなし、という“無い無い尽くし”のインディペンデント映画が、全米の歴代ラブストーリー史上第2位、『タイタニック』に次ぐ興収2億3000万ドルを超える驚愕の大ヒット!2002年全米興収ベスト10に30週以上ランクイン、と異例のロングランヒットを記録したこの映画、観る前は「何がそんなに魅力的なの?」と思っていたが、深〜くナットク。景気がいいし縁起もいい。観た者すべてに幸せを呼ぶ“ザ・招福ムービー”!なのである。

マイビッグファットウェディング
 ギリシャ人の風習や考え方など、独自の文化に誇りをもつ頑固で保守的な父親や、頼りになる母親、気がよくてやかましい親族一同……と濃ゆいギリシャ的環境で育ったトゥーラ。いつでもスッピンに眼鏡にボサボサ頭、両親の店で働くうちに30歳になり、恋も仕事もいいことなし……というさえない彼女が一念発起。学校を卒業して仕事に就き、理想的な彼と恋に落ちる。知的かつタフでオープンマインドな彼は、ギリシャ式のファミリーもしきたりもすべて受け入れようとしてくれるが……。
マイビッグファットウェディング
 本作はスタイリッシュ・ムービーとは対極にある人情物語にして、一風変わったリアル・ラブ・ストーリー。脚本・主演のニア・ヴァルダロスは、マイク・マイヤーズも活躍していたシカゴの即興コメディ劇団“セカンド・シティ”出身だけあって、ノリや間合いがもう最高!ときには三谷幸喜の舞台を、ときにはドリフのベタベタなコントを思わせるようなシーンも多々。国境をも超えた“お笑いの普遍性”を表現・・・と、大げさな感想をいいたくなるくらい楽しい。恋愛から結婚に至るまで、ここまで特殊ではないにせよ女性なら誰もが「あるある」と共感できるシーンが満載。「恋って、結婚って、やっぱりいいかも!」と素直に思えるハッピー・ムービーだ。


 実はヴァルダロスの自伝的ストーリーである本作。彼女のプロフィールを読むと、“この成功は必然だった”と頷ける。彼女はとんでもなく前向きな努力家にして、チャンスを力強くたぐりよせてつかみとる名人なのだ。劇場のチケット売場に勤務時、前出の人気劇団の急な代役をこなして見事その一員に。キャリアを積んだ後、一人芝居として上演していたこの物語に、ギリシャ系の妻をもつトム・ハンクスから映画化の依頼がきたときには、すでに本作の脚本を書き上げていた――というからすごい。今年で41歳になる彼女。こうして静止画のスチールで見るとビジュアル的には・・・かもしれないが、本作を観ればその考えはかわるはず!ヒット確実であろう日本公開の前祝いと、ヴァルダロスのますますの活躍を祈って・・・乾杯!!!
『マイビッグファットウェディング』 2002年アメリカ映画
データ
2003年6月更新

マイビッグファットウェディング

2003年7月19日公開
丸の内プラゼールほか、全国松竹・東急系にてロードショー

■2002年 アメリカ映画
■上映時間1:36
■ワーナー・ブラザース映画配給
■監督/ジョエル・ズウィック
■脚本/ニア・ヴァルダロス
■製作/リタ・ウィルソン
トム・ハンクス
■出演/ニア・ヴァルダロス
マイケル・コンスタンティン



プロフィール
 
あつた美希 あつた美希
あつた美希
フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。1996年から女性誌を中心に活動し、これまでに取材した人数は600人以上。近年は2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』にて“シネマ・アロマ”を、2016〜2018年にプレジデント社『プレジデントウーマン』にてカルチャーページ「大人のスキマ時間」を連載。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。