ジャケット 試写会日記 毎週、熱田美希から映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ!傑作でも愚作でも、映画ってやっぱり素敵!!
ジャケット

© 2004 VIP MEDIENFONDS 2/VIP MEDIENFONDS 3/MP PICTURES.
All Rights Reserved.
思いがけず自分の死を予見した記憶障害の男が
運命の女性とともに変え難い未来に挑戦する
ブロディ×ナイトレイ初共演によるSFドラマ



 オスカー俳優エイドリアン・ブロディと人気の若手女優キーラ・ナイトレイ出演、ジョージ・クルーニー&スティーヴン・ソダーバーグ製作。ある出来事をきっかけに、記憶障害をもつ男は自分の死が4日後であることを知る。SF、ヒューマン、サスペンス、スリラー、ラブ・ロマンスが上手くブレンドされたスタイリッシュなドラマである。


 1992年、湾岸戦争で負った重傷の後遺症で記憶障害となったジャックは、事件に巻き込まれて精神病院送りとなる。そこで彼は拘束衣(ジャケット)で縛られて死体安置用の引き出しに監禁、という異様な実験的治療を受ける羽目に。その“治療”中、身体も精神も逼迫し、緊張が極限のピークに達した瞬間、彼はそこではないどこかに佇んでいた。
ジャケット

 人は死を意識したとき、初めて生に本気で向き合うことができる。どんな人生であっても酒や薬に逃げてはいけない。死ぬ気でやれば、誰もが自分の運命すら変えることができる。危険で残酷な匂いのする映像で挑発し、関心を惹き付けておきながら、ストレートなメッセージを投げかけるところがあざやか。本作なら、若い世代にも真っ当なテーマが説教臭くなく伝わるかも……と期待してしまう仕上がりだ。
 物語としては、タイムトラベルやパラレルワールドなど、意外とSFの要素が満載。さまざまなドラマのエッセンスがキレのいい展開に盛り込まれ、飽きさせない。実験映画やミュージック・ビデオのクリエイターとしてイギリスで活躍するジョン・メイブリー監督のセンスが生かされているようだ。また傷ついた者同士が呼び合い、強く結びつくというジャックとジャッキー(ナイトレイ)の関係は必然で純粋。説得力がある。


 主演のエイドリアン・ブロディは、オスカー受賞作『戦場のピアニスト』や『キング・コング』の脚本家役とはまた違う趣。巧い役者は何をしても巧い、というだけでなく、なんだかとっても目が色っぽいのだ。2004年の撮影当時、ブロディとナイトレイはプライベートで少し噂になったとのこと(今は人気者のナイトレイには別の噂がたくさん)。ブロディの全身にみなぎる情熱的なオーラは、ナイトレイに対して役柄のジャックとしてだけでなく、素の自分を一心にアピールしていたから。そしてそれが演技にもいい具合に反映されていた……のかもしれない(笑)。ちなみに撮影時はまだ007の6代目ボンドに抜擢されていなかったダニエル・クレイグが、精神病患者ルーディー役でさりげなく出演している。


 緊張の後の弛緩。希望をはっきりと打ち出す作品はいつ観ても気持ちがいい。浮遊する謎と戯れて、予想外の展開にノッてみるのも一興だ。
『ジャケット』 2005年アメリカ、ドイツ映画
データ
2006年4月更新

ジャケット

2005年5月20日公開
東劇ほかにて
全国ロードショー

■2005年 アメリカ、ドイツ映画
■上映時間1:43
■松竹配給
■監督/監督/ジョン・メイブリー
■製作/ピーター・グーバー
スティーヴン・ソダーバーグ 
ジョージ・クルーニー
■出演/エイドリアン・ブロディ
キーラ・ナイトレイ
ジェニファー・ジェイソン・リー 
クリス・クリストファーソン



プロフィール
 
あつた美希 あつた美希
あつた美希
フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。1996年から女性誌を中心に活動し、これまでに取材した人数は600人以上。近年は2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』にて“シネマ・アロマ”を、2016〜2018年にプレジデント社『プレジデントウーマン』にてカルチャーページ「大人のスキマ時間」を連載。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。