特別展「深海2017〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜」

深海生物、断層、海洋資源など、深海の最新研究に迫る

深海で暮らす生き物や深海調査の実態に迫る企画展の第2弾です。今回は、生物発光、巨大生物、6000m以上の超深海などに焦点を当てます。

本展では、ZONE1【深海とは】、ZONE2【深海と生物】、ZONE3【深海と巨大災害】、ZONE4【深海と資源】、ZONE5【深海と地球環境】、ZONE6【深海を調査する機器】の6つのテーマに分けて展示します。注目の深海生物では、全体の約9割にも上る発光生物をクローズアップ。傘の表面から青く光る粉を出す“クロカムリクラゲ”、透明な頭に大きな緑の眼を持つ“デメニギス”など「生物発光シアター」で発光の謎に迫ります。全長18mに達するものもいる“ダイオウイカ”、体長50cmを超えるダンゴムシの仲間“ダイオウグソクムシ”、6000m以上の超深海に生息する“カイコウオオソコエビ”といった深海生物の標本、生態が分かる映像なども紹介されます。

生物以外では、海底の地形や断層掘削、地下構造などを調べる研究結果も公開。世界最大の科学掘削船「ちきゅう」の船舶模型、「しんかい6500」の1/2模型、実物のドリルパイプ、東北地方太平洋沖地震の地震断層の展示に加え、海底下を掘削する機器の操縦席の実物も登場。レアメタルを含有するマンガンノジュールなどの映像とともに、日本の深海調査技術にも迫ります。洋上研究ラボ機能や大気・海洋観測等の汎用研究船としての機能も兼ね備えた、2016年3月に完成の海底広域研究船「かいめい」も紹介。多方面から深海について学べる内容です。

クロカムリクラゲ ©NHK/ZDF/ZDFE/CURIOSITYSTREAM LLC
ダイオウイカ ©NHK/NEP/DISCOVERY CHANNEL
オンデンザメ ©JAMSTEC
カイコウオオソコエビ ©JAMSTEC
地球深部探査船「ちきゅう」 ©JAMSTEC
開催概要
展覧会名 特別展「深海2017〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜」
会期 2017年7月11日(火) 〜 10月1日(日)
休館日 7月18日(火)、9月4日(月)、9月11日(月)、9月19日(月)
時間 9:00〜17:00
※8月13日(日)〜20日(日)は18:00まで
※8月18日・19日を含む金・土曜日は20:00まで
※入館は各閉館時間の30分前まで
会場 国立科学博物館
台東区上野公園7-20 
入館料 一般・大学生 1,600円、小・中・高校生 600円
公式サイト https://www.kahaku.go.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2017年7月更新