食の器

 実用のために作られた雑器にこそ美が宿る――
柳の美意識を凝縮した日常の食器を展観

日本民藝館の創設者・柳宗悦(1889〜1961)は、実用のために作られた雑器にこそ美が宿る、という逆説的な美意識を提示したことで知られている。それに伴ない柳は、それまで注視されてこなかった「手廻りもの」「普段使い」「勝手道具」などと呼ばれていた雑器に見られる美を具体的に示すために、しばしば皿や碗、盆などの食の器を取り上げて紹介してきた。本展では日本民藝館の主軸を占める食の器コレクションから、江戸時代のもてなしや年中行事で使用された晴の器、柳の工芸論の形成に大きく影響した、わび茶の系譜に連なる茶の湯と懐石の器、そして柳が日常生活で使用した食器を軸に展観する。

日常生活の食器を褻(ケ)の器というのに対し、儀礼や年中行事など、非日常の場で用いられる食器を晴(ハレ)の器という。神前に酒を供えるために用いられた漆絵の容器や、祭礼や行事の場で用いられたとされる、曲物に螺鈿で装飾した甘酒の桶など、食の器の中でも特別な意味合いを持つ、手の込んだハレの器がまとめて展示される。
 一方、茶の湯と懐石の器からは、美意識の価値転換となる興味深い流れがうかがえる。客人をもてなすという意味では同様の「ハレ」の料理だが、本膳料理の最も簡素な膳組である一汁三菜を基本としたわび茶は、あえて簡素な形式を採用しており、柳はそのわび茶を形成した茶人たちに深い敬愛を寄せていた。日本民藝館のコレクションは、一般的な茶道具のコレクションに見られる楽焼や織部焼、伊賀焼などに特徴的な、意図的に歪みの造形を打ち出した茶陶はほとんどなく、初期のわび茶の系譜に連なる簡素な食器で貫かれている。本展示では、所蔵品から茶の湯と懐石の場で使用されてきたと考えられる「茶道具」を展示し、茶の湯の美意識を柳がどのように捉えていたか改めて振り返る。
 そして、柳の精神が一番良く表れた展示が食卓の器だろう。「見ることは悦びである。しかし使うことの悦びはさらに深い。最もよく使われている場合ほど、器物が美しい姿を示す時はない」との言葉が示すように、柳は平常の生活には主として河井寛次郎や濱田庄司などの食器や、伝統的な地方窯の陶磁器など、同時代の工芸を多用していたという。戦前の柳家の食卓を写した写真や、長年の使用痕が認められる遺贈の器から明らかになった、柳愛用の食器の一部を紹介する。

漆絵栗文瓶子 室町時代 16世紀 36.5×24.0
織部幾何文筒向付 美濃 江戸時代 17世紀 10.0×6.6

古染付李鉄拐文玉章形鉢 景徳鎮民窯 明時代 17世紀前半 6.7×36.3
染付八橋文蓋付碗 伊万里 江戸時代 18世紀 8.4×12.2
色釉格子文茶器 濱田庄司 1928年 〔土瓶〕 21.1×18.0×14.2
開催概要
展覧会名 食の器
会期 2019年6月25日(火) 〜 9月1日(日)
休館日 月曜日 ※祝日の場合は開館、翌火曜休館
時間 10:00〜17:00
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 日本民藝館
目黒区駒場4-3-33
>> 会場の紹介記事はこちら
入館料 一般 1,100円、高大生 600円、小中生 200円
公式サイト http://mingeikan.or.jp/
問合せ 03-3467-4527
2019年6月更新