STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ

こんな豪華なグループ展見たことない!日本現代アート界の超大物6名が集結

日本のみならず世界をフィールドに活躍し、さまざまな世代から高い評価を得る、日本現代アート界のスター6名(草間彌生、李禹煥、宮島達男、村上隆、奈良美智、杉本博司)の軌跡を、初期作品と最新作を中心に紹介する大規模展。

戦後の高度成長期、日本では国家規模のイベントが続き、国際化が推進されたが、今日再びそのような気運が高まっている。その間、現代美術の世界でも、脱植民地主義、多文化主義などさまざまな議論が重ねられ、ビエンナーレやアートフェアなど新たな場が拡がりをみせた。なかでも近年のアジア経済の台頭は目覚ましく、この地域に新しい美術館や市場を生み出している。
 本展では、この間に日本という枠を越えて広く国際的に活躍し、今日、多様な地域や世代から高い評価を得るアーティスト6名をピックアップ。彼らの実践が世界からいかに評価されてきたのか、国境や文化を越えた普遍的な課題の追求、伝統や美学、テクノロジーやサブカルチャーなど、日本固有の社会的、文化的、経済的背景をふまえて探求する。

展示は、各アーティストが国際的に認められるようになった時期に制作した作品と、最近作または新作を各々の展示空間で並置。一人でも大規模な個展が開催できるほどの超大物6名が一堂に会するという、かつてないほど贅沢なグループ展だ。また、大型のインスタレーションや迫力の映像など、体感を重視した作品展示と、日本の現代美術の歴史や作家のキャリアについて学ぶ資料展示で、五感と知識欲を刺激。これらは、アート初心者にもオススメの「日本現代美術入門」の側面も持つ。

さらに、1950年以降に海外で開催された日本の現代アート展の中から50展を選出し、概要や展示写真、当時の批評など、貴重なオリジナル資料も展示される。

アートは良く分からないという人でも、きっと一度はその名を耳にしたことがあるであろう、日本現代アート界のスターたちの競演に期待したい。

草間彌生 《たくさんの愛のすばらしさ》 2019年 アクリル絵具、キャンバス 100.3×100.3cm 所蔵:有限会社 ティーパーティー
李禹煥 《関係項》 1969/1982年 鉄板、ガラス、石 180×220×40 cm
村上 隆 《Ko<sup>2</sup>ちゃん》 1996-2011年 合成樹脂、ラッカー塗料、グラスファイバー、鉄 181×61×102.5 cm

宮島達男 《Sea of Time ’98》 1998年 展示風景:「家プロジェクト『角屋』」ベネッセアートサイト直島(香川)1998年 撮影:上野則宏
杉本博司 《シロクマ》 1976年 ゼラチン・シルバー・プリント 42.3×54.6cm 所蔵:大林コレクション
奈良美智 《Submarines in Girl》 1992年 アクリル、キャンバス 100×150cm 個人蔵
開催概要
展覧会名 STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ
会期 2020年7月31日(金) 〜 2021年1月3日(日)
休館日 会期中無休
時間 10:00〜22:00(火曜日は17:00まで)
※ただし9月22日、11月3日は22:00まで
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 森美術館
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
>> 会場の紹介記事はこちら
入館料 一般 2,000円、高大学生 1,300円、4歳〜中学生 700円、65歳以上 1,700円
※日時指定予約制
※詳細は公式サイトをご確認ください
公式サイト www.mori.art.museum
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2020年6月24日更新