季節を感じる花暮らし

フォーチュンベゴニアの魅力

育て方
色とりどりのフォーチュンベゴニア

夏の夜温が下がる頃から、霜が降りるまで長く楽しめる植物がフォーチュンベゴニアです。このフォーチュンベゴニアは、夏の名残りの花壇でもひときわ目を引く存在になるので、秋色モードに模様替えを楽しむにはぴったりな植物です。

この時期に秋らしさを暮らしの景色に取り入れるには、植物選びがポイントになってきます。冬用花壇苗のパンジーやビオラを植えると、間延びして育つので春まで育てる事がとても難しく、春に花咲くチューリップやヒヤシンスなどを植え付けるには早い。そんな夏から秋へ景色のバトンをうまくつないでくれるのが、このフォーチュンベゴニアです。

色鮮やかな花色は、個性が強すぎて調和がとりにくい印象ですが、酷暑を乗り越えた植物と合わせればワイルドな雰囲気に、そして単色だけを数鉢まとめて植えれば、アクセサリーを付け替えたような変化を楽しむ事もできます。“ちょっとあればすっごく便利”という植物を積極的に活用して、さりげない秋の演出を楽しんではいかがでしょうか。

フォーチュンベゴニアは、球根ベゴニアの仲間なので球根があります。植え替えの時には球根を傷めないように、根をいじりすぎないで植え付けましょう。根を傷めなければ、霜が降りる頃まで花を楽しむ事ができます。
置き場所は明るい場所を選んであげましょう。玄関灯の下など、夜間も明るい場所であれば花が休まず咲き続け、長く楽しむことができます。

フォーチュンベゴニアの葉は触ると肉厚でざらっとしています。こういう質感の植物は、水はけの良い場所を好む植物が多いのが特徴です。水をやり過ぎて腐らせてしまわないように気を付けます。
水やりは、土が乾いて葉先が下に垂れたかな?というタイミングで、鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと与えます。そして根が空気をよく吸えるように乾かすのが、育て方のポイントです。「育て上手は水やり上手」と言われますが、タイミングが分かれば簡単に育てられる良い植物です。

目を引く植物が少なくなるこの季節、華やかさを暮らしの景色の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

杉井志織
講師:杉井 志織(すぎい しおり) 建築を学んだ後、園芸の世界へ。都市の緑に人と園芸を取り入れたランドスケープガーデニングや庭の管理、企画、運営なども行う。また新しい感覚を持ったガーデナーとして定評がある。流通センター駅前・お台場海浜公園などの花壇ボランティア運営の指導や花壇管理を行うほか、全国花き品評会鉢物部門 シクラメン部門審査員、ジャパンフラワーセレクション選考審査員、NHK番組「趣味の園芸」にも出演。著書に『はじめてのコンテナガーデン101』ほか多数。