港区 ぶらり 緑の散策路「都立芝公園」

東京タワーの足元にある「もみじ谷」。カエデなどが植えられた森に滝や小川が流れる
小さい画像(↓)をクリックしていただくと大きな画像(↑)がご覧いただけます。
もみじ谷 木陰のベンチ 公園案内図 梅林 芝丸山古墳
芝増上寺 千躰子育て地蔵 ジョギングコース 東京タワー来塔記念パネル プリンス芝公園

公園の歴史

1873(明治6)年
太政官による布達(公布)で、上野、浅草、深川、飛鳥山とともに日本で最初の公園として指定

1902(明治35)年
運動器具を東京の公園で初めて設置

1946(昭和21)年
政教分離に伴い園内から増上寺境内が除かれ、環状の公園に

この公園は徳川家の菩提寺である芝増上寺の境内と東京プリンスホテルの敷地を、ぐるりと緑のベルトで囲んでいるドーナツのような形状。1周約900メートルの園内を散策すると、たっぷりと1時間はかかる。昼休み時には、近隣の人々のジョギングの格好の場にもなっている。

芝公園は、もともと芝増上寺の土地だったものを1873(明治6)年、日本で最初の公園として明治政府から指定された。戦後の政教分離によって境内の部分が除かれたが、当初は増上寺の境内も含んでいた。このほか、園内のこんもりとした丘は「芝丸山古墳」と呼ばれ、古墳の頂上には最初の実測日本地図をつくりあげた伊能忠敬の記念碑がある。忠敬はここで測量の予行練習をしていたという。

園内は、クスノキ、ケヤキ、イチョウなどの大木が見られる。約200本のサクラも植えられているため、花見の時期にはライトアップされた東京タワーがバックの夜桜見物がおすすめ。また早春には江戸時代に「銀世界」と讃えられた約70本の紅梅・白梅がいっせいに花を咲かせる梅林がある。

公園散策のハイライトは都心の希少な紅葉の名所「もみじ谷」。自然石を組み合わせた岩場や滝と周りに植えられたカエデなどの森が深山幽谷を想わせる。現在東京タワーが建つ場所は、徳川二代将軍秀忠が江戸城内紅葉山からカエデなどを移し植え、紅葉山と呼ばれていたところで、江戸時代は紅葉名所のひとつとして、現在とは違った要素で人々を集めていた。

都立芝公園(芝公園)

  • 港区芝公園1〜4丁目 [MAP]
  • 03-3431-4359
    (芝公園サービスセンター)
  • JR「浜松町駅」徒歩12分
    三田線「芝公園駅」徒歩2分
    三田線「御成門駅」徒歩2分
    大江戸線「大門駅」、「赤羽橋駅」徒歩5分
  • webサイト


2007年8月取材