港区 ぶらり 緑の散策路「氷川神社」

5月頃の大イチョウ。幹径約2.4m、周囲約7.5mの大樹。樹齢400年を数える
小さい画像(↓)をクリックしていただくと大きな画像(↑)がご覧いただけます。
大イチョウ 太鼓橋 狛犬 稲荷 力石
社殿 ベンチ 浅野土佐守邸跡 遊具 包丁塚

神社の歴史

951(天歴5)年
素盞鳴尊(すさのおのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、大己貴命(おおなむぢのみこと)を祭神として、武州豊島郡人次ヶ原(現在の赤坂4丁目一ツ木台地)に創建

元禄期
現在地(赤坂6丁目10号12番地)には、「忠臣蔵」浅野内匠頭夫人 瑤泉院の実家浅野土佐守邸が建つ

1729(享保14)年
八代将軍徳川吉宗の命により現在地に現社殿を造営

1730(享保15)年 一ツ木台地から現在地へ遷宮する

1952(昭和27)年 社殿が東京都重宝建造物の指定を受ける

複数ある神社の入り口のうち、イチオシは存分に緑を楽しめる氷川坂口からのアプローチ。左手に赤い太鼓橋が印象的な和風庭園、右手に木々が茂る斜面に祀られた稲荷神社と変化に富む景観が見られる。緑に覆われた石段を登りきると、広がるのはすっきりと整った景色。整然と並ぶ巨木とまっすぐ伸びた参道のシンメトリーな空間には、凛とした空気が漂う。

氷川神社は創建以来、霊験あらたかな社とされ、江戸期には歴代将軍の崇敬を集めてきた。幕末の傑物、勝海舟も社に親しんだ一人。神社近くに居を構えていた海舟は、参詣や剣術の稽古などで度々訪れていたとか。今も境内に残る4社の稲荷を合祀した「四合(しあわせ)稲荷神社」。洒落のきいた名前は、海舟自身が命名したもの。このエピソードからも神社との親交の深さが伺える。

本殿前の広場では、日当たりのいい素朴な木のベンチが特等席。大木のダイナミックな枝ぶりを眺めているだけで心が休まる。また、境内に点在する史跡や狛犬をチェックしてみるのも面白い。力比べに使われたという「力石」や約280年前に作られた港区最古の狛犬、地元の料飲組合が祀る「包丁塚」など見所がいっぱいだ。

お参り後ひと休み。そんなオフィスワーカーの姿も見られる神社は、昔と変わらない憩いの場所として近隣の人々に親しまれている。

氷川神社(赤坂)

  • 港区赤坂6-10-12 [MAP]
  • 03-3583-1935
  • 日比谷線・大江戸線「六本木駅」徒歩6分
    千代田線「赤坂駅」徒歩6分
    南北線「六本木一丁目駅」徒歩5分
  • webサイト


2010年1月取材