ミスティック・リバー 試写会日記 毎週、熱田美希から映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ!傑作でも愚作でも、映画ってやっぱり素敵!!
ミスティック・リバー

© 2003 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
© 2003 Village Roadshow Films (BVI) Limited
やるせない現実を生き抜くために必要なことは?
実力派のキャスト&スタッフが織り成す
硬派なサスペンス・アンサンブル



 何が悪で、何が正義なのか。罪も罰もわからない混沌とした現代をサバイバルするために必要なこと。それは……。アメリカの小さな町で起こった殺人事件をきっかけに、3人の男たちに刻まれた忌まわしき因縁が動き出す。よき俳優でありフィルムメーカーであるクリント・イーストウッドが監督を手がけた大人のための物語。奥深いサスペンス・ドラマである。

ミスティック・リバー
 ボストンの貧困地区に暮らす3人の少年ジミー、ショーン、デイヴが路上で遊んでいると、警察を名乗る2人の男がデイヴを連れ去る。それは暴行目的の誘拐だった。数日後にデイヴは保護されるがその後、3人の少年たちはともに過ごすことはなくなった。それから25年後、デイヴは単調な業務のビジネスマンに、ジミーは裏社会につながりのある雑貨屋の店主に、ショーンは殺人課の刑事となる。互いに関わることなくそれぞれの道を歩んでいた3人は、ジミーの娘が何者かに殺される、という凄惨な殺人事件を機に、再び顔を合わせる。そのころから次第に様子がおかしくなってきたデイヴは警察や妻から疑われ……。
ミスティック・リバー
 何の動機も見つからない殺人事件の真相は?封印した関係が再び結ばれたとき、いったい何が起こるのか?幼い頃、酷い事件に関わった張本人は目立たない暮らしを選び、仲間のひとりは犯罪に手を染め、ひとりは犯罪を取り締まる職務についた。正視できないほどのつらい現実は、人々に決して消えることのない苦しみの種をもたらし、本人たちも気づかないうちに心に深く根をはる。風や木洩れ日が心地よい平凡な日常で、それは普通に起きてしまう。


 本作はわかりやすい勧善懲悪でもなく、派手なアクションがあるわけでもない。閉塞的な環境で現実に起こってしまいかねない、やるせない物語だ。矛盾だらけの世の中で信じられるものは、盲目的な愛と信頼。究極にはこれだけなのかもしれない。正しい判断を下すだけが大切なわけじゃない。たとえ愚かでも反社会的でも、ひたすらに信じることは明日へとつながってゆく。雨や霧などに姿をかえ、やがて大きな長流となり、すべてを呑みこんでとうとうと流れてゆく大河のように。


 この繊細なドラマに熱い血を通わせているのは、ティム・ロビンス、ショーン・ペン、ケビン・ベーコンら演技派の俳優たちと、原作小説に惚れこんだというイーストウッド監督。派手さはないが、まるで一流オーケストラの合奏のように完成されている仕上がりだ。今年のクリスマス〜正月映画は、こうした見ごたえ充分の重めの人間ドラマが多い。いま求められているもの……ということなのだろうか。
『ミスティック・リバー』 2003年アメリカ映画
データ
2003年12月更新

ミスティック・リバー

2004年1月10日公開
丸の内プラゼールほか全国松竹・東急系にてロードショー

■2003年 アメリカ映画
■上映時間2:18
■ワーナー・ブラザース映画配給
■監督・製作/クリント・イーストウッド
■原作/デニス・ルヘイン
■出演/ショーン・ペン
ティム・ロビンス
ケビン・ベーコン
ローレンス・フィッシュバーン



プロフィール
 
あつた美希 あつた美希
あつた美希
フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。1996年から女性誌を中心に活動し、これまでに取材した人数は600人以上。近年は2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』にて“シネマ・アロマ”を、2016〜2018年にプレジデント社『プレジデントウーマン』にてカルチャーページ「大人のスキマ時間」を連載。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。