eHills Club 試写会日記

毎週、映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ! 傑作でもB級でも映画ってやっぱり素敵!!

ベイビー・ブローカー

2022年の第75回カンヌ国際映画祭にて2冠!
赤ちゃんを手放す母親、非合法で養父母を斡旋する男たち
さまざまな思いからつながっていく関係を描く

ベイビー・ブローカー© 2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

是枝裕和が監督・脚本・編集を手がけ、韓国人のキャストとスタッフと共に製作した韓国映画が完成。出演は、『パラサイト 半地下の家族』のソン・ガンホ、『MASTER/マスター』のカン・ドンウォン、『空気人形』のペ・ドゥナ、“IU”というアーティスト名で高い人気を誇るシンガーソングライターのイ・ジウン、韓国のTVドラマ「梨泰院クラス」のイ・ジュヨンら韓国のスターたちが顔を揃える。撮影監督は『パラサイト 半地下の家族』などの韓国作品や、李相日監督の『流浪の月』のホン・ギョンピョが手がけ、美術は『新感染 ファイナル・エクスプレス』のイ・モグォン、音楽はドラマ「イカゲーム」のチョン・ジェイル、衣装は『パラサイト 半地下の家族』のチェ・セヨンが参加している。ある夜、児童養護施設の〈赤ちゃんポスト〉の前に、若い女が赤ん坊を置いて立ち去る。古いクリーニング屋の店主で借金を負うサンヒョンと、その施設の職員ドンスは、裏家業であるベイビー・ブローカーとしてその赤ちゃんを密かに連れ去るが……。子どもを育てられない人が匿名で赤ちゃんを託す“ベイビー・ボックス”をきっかけに、そこに関わる人たちや周囲で起きた出来事など、巡り巡って紡がれていく関係を描く。根っからの悪人ではないが非合法に荒稼ぎをする中年、家庭や親子関係に複雑な思いを抱く児童養護施設出身者、赤ん坊の世話をしようとしない若い母親、正義のもとで行動するなか自身の考えを自問する警察官、さまざまな思いから関係がつながっていく。観る側にさまざまに問いかけ、クライマックスではひとつの明解なメッセージをはっきりと伝える、ほろ苦くも温かいぬくもりのある物語である。

ある土砂降りの雨の晩、若い女ソヨンが〈赤ちゃんポスト〉の前に赤ん坊を置いていく。古いクリーニング屋の店主で借金を負うサンヒョンと、〈赤ちゃんポスト〉のある施設の職員ドンスは、裏家業としてベイビー・ブローカーをしていることから、その赤ん坊を密かに連れ去る。高い代金を支払う養父母探しを始めるなか、翌日に思い直して戻ってきたソヨンが、施設に赤ん坊が居ないことに気づき警察に通報しようとしたため、2人は仕方なく白状。「赤ちゃんを大切に育ててくれる家族を見つけようとした」という言い訳にソヨンはあきれながらも、成り行きから彼らと共に養父母探しの旅に出る。一方、金目的で非合法の赤ん坊の斡旋をするベイビー・ブローカーを検挙するため2人をずっとマークする刑事スジンと後輩のイ刑事は、是が非でも現行犯で逮捕しようと、彼らの尾行を続けていた。

ペ・ドゥナ,イ・ジュヨン

韓国の一流メンバーと共に、オール韓国ロケでつくり上げた是枝監督の最新作。この企画は、そもそもは韓国の俳優たちとのつながりがきっかけで、2016年に“ゆりかご”というタイトルで簡単なプロットを書いたことから始まったとのこと。〈赤ちゃんポスト〉をテーマにしたことも含め、是枝監督はこの作品の製作のきっかけについて語る。「もともと『そして父になる』(13)を作ったあたりから、“赤ちゃんポスト”や“養子縁組”といった問題に興味をもつようになりました。自分が子どもをもってからより強まったと思います。日本の病院にあるいわゆる“赤ちゃんポスト”のことを最初は本で知りまして、その後ルポをした番組にも出演して、〈赤ちゃんポスト〉に本格的に関心を持つようになりました。自分でリサーチするなかで、韓国にも同じような〈ベイビー・ボックス〉と呼ばれるものがあって、その利用件数は日本よりも桁違いに多くて、社会的議論がより盛んに行われていることを知りました。ちょうど韓国で一緒に映画を作りませんかという話が、ソン・ガンホさん、カン・ドンウォンさん、ペ・ドゥナさんとの間でそれぞれ持ち上がっていた時期だったので、この題材を韓国で彼らと一緒にやってみるのはどうだろうかと思いました」

ソン・ガンホ

古いクリーニング屋の店主で借金を負い、裏稼業としてベイビー・ブローカーをしているサンヒョン役はソン・ガンホが、根っからの悪人ではないけれど非合法に荒稼ぎをしているグレーな人物として。サンヒョンの相棒であり、赤ちゃんポストがある施設で働く児童養護施設出身のドンス役はカン・ドンウォンが、家族や家庭に対して複雑な思いを抱いている青年として。赤ん坊の母親であるソヨン役はイ・ジウンが、我が子の世話をしようとしない影のある人物として、彼らを尾行し見張っているリアリストの刑事スジン役はペ・ドゥナが、その後輩であるイ刑事役はイ・ジュヨンが、それぞれに演じている。そして元気のいい子役の少年、撮影当時は生まれて約1カ月だったという赤ちゃんも生き生きと映っている。第75回カンヌ国際映画祭の会場にて2022年5月26日(現地時間)に行われた日本向けの囲み取材にて、是枝監督はキャストへの感謝を語った。「今回は本当に、ちょっと信じられないくらいトップレベルの俳優さんたちが集まってくれて、僕にとってもとても稀有な経験ですけれど、それが作品にとって大きな力になっているのではないかなと思っています」
 そしてソン・ガンホは2022年5月28日(現地時間)に行われた第75回カンヌ国際映画祭の「コンペティション部門」授賞式にて、韓国人俳優として初めて最優秀男優賞を受賞。脚本を執筆していた時からこの役にソン・ガンホをイメージしていたという是枝監督は、前述の日本向けの囲み取材で「ソン・ガンホさんを観ていると、あのお芝居は万国共通に、いろんなことが伝わるなと思います」とコメント。また2022年5月10日に韓国のソウルで行われた制作報告会イベントでは、韓国の国民的俳優であるソン・ガンホの演技を称えてこのように語った。「演じる人物像のなかに、善も悪も両方入っていて、それがシーンやセリフによって微妙に入れ替わる。色が単色ではない人物描写っていうのが、とても深くて見事だなと。本当に素晴らしいと思って拝見していました。今回のサンヒョンの役も、悪人なのか、善人なのか、見ている人たちが探っていけるような、そういう人物描写にしたいなと思っていました」
 一方ソン・ガンホは、2022年5月27日に行われたカンヌ国際映画祭のフォトコール&記者会見にて、是枝監督への思いをこのように語った。「監督は素晴らしい作品を手がけられてきた。例えば『真実』。フランス映画です。今もいろんな作品企画を手がけられていることを知っています。監督は常に挑戦を受ける方で、そこに感銘をうけます。あるいは感服しています。この作品もそうです。最もワクワクさせる作品のひとつです。日本と韓国では文化的な違いがある。そういうことがあっても私たちはそれを乗り越えて幸せに一緒に仕事をすることができましたし、そのことが逆にこの仕事を面白いものにしてくれました」

この映画の撮影は順撮り(脚本のとおりに順を追って撮影)で行われ、オール韓国ロケで現地のスタッフと共に実施。釜山プサン盈徳ヨンドク蔚珍ウルチン月尾島ウォルミドなどの場所で撮影され、実際に海辺の道を車で走るなど、韓国の風景がスクリーンに広がっている。どこで撮影をするかを決める事前のロケハンは、是枝監督と撮影監督のホン・ギョンピョが一緒に回って決めたそうだ。

イ・ジウン,ソン・ガンホ,カン・ドンウォン,ほか

第75回カンヌ国際映画祭では、「最優秀男優賞」と「エキュメニカル審査員賞」を受賞(後者はカンヌ国際映画祭の独立部門のひとつで、キリスト教関連の国際映画組織「SIGNIS and INTERFILM」の6人の審査員がコンペティション部門出品作のなかから選出)。「エキュメニカル審査員賞」を受賞した際のスピーチにて、是枝監督は劇中でメッセージを明確に伝えた理由と、物語に込めた思いを語った。「今回映画を作る上で、施設で育った子や親元を離れて育った子たちを取材するなかで、自分が社会の側、大人の側としてどうしても伝えたい言葉だったので、普段はやらないくらいはっきりとセリフにしました。その祝福の言葉を聞いた後にちょっとだけ人生が上向きになる、上を向いて生きていけるようになるというか、そんな物語にしたいなと思いました」
 この作品は是枝作品のなかでも、「いつもより希望が感じられる」といわれている(この評は個人的に少し意外だ。これまでの作品すべてに必ず希望が含まれていると思うので)。是枝作品にはいつも、がんばりすぎずに少し力を抜いてみても大丈夫、酷いことや辛いこともあるけれど悪いだけの世界ではない、という感触や、人には生きていく力が備わっている、という自覚をそっと促すような感覚にあると筆者は考える。観る側が受けとめるのに具体的に言語化されなくとも、肌感覚でわかるような、素で居ることを許されているような感覚だ。ただ『ベイビー・ブローカー』では監督も話しているとおり、後半のシーンで誰にでもストレートに伝わるようにわかりやすく台詞として表現されているところが特徴。監督は観客へのメッセージを語る。「『ベイビー・ブローカー』はまっすぐに命と向き合い、登場人物の姿を借りて、自分の声をまっすぐに届けようと思った作品です。祈りのような、願いのような、そんな映画になりました。すばらしい役者たちの演技を観客の皆さんに堪能していただきたいです」

前述のカンヌ国際映画祭の記者会見にて、家族を描いた3作品『そして父になる』『万引き家族』『ベイビー・ブローカー』のつながりについて質問された是枝監督は、『そして父になる』を公開した2013年の頃に、「女性は子どもを産むとみんな母親になれるけど、男性はなかなか実感がもてなくて、父親になるには何か階段をのぼっていかないとなれない」と話したけれど、女性には母性が備わっているという考えは女性への偏見であると友人から指摘され、反省したと回答。そしてこの3作品のつながりについて監督はこのように語った。「『万引き家族』の安藤サクラさんが演じた産んでいないけれど母親になろうとする女性と、今回イ・ジウンさんが演じた産んだけれども、いろんな事情で母になることを諦める女性という、その2人の女性像というのが、自分なりにそこの反省から生まれた2人の女性像という形で。これは本当に姉妹として描いているんですね。だから僕のなかでも直線的に『そして父になる』からこの『万引き家族』と『ベイビー・ブローカー』はつながっております」
 「次は英語圏で?」という質問を何度も受けているなか、「いずれチャンスがあれば(笑顔で強調)」とコメント。世界に向けて作品を、というより、「撮りたい役者がいるからです」とやはり笑顔ではっきりと語った。2019年のフランス映画『真実』、2022年の韓国映画『ベイビー・ブローカー』と、海外作品が続いている是枝監督。海外の映画製作で得たものを日本映画にもち帰って提案し生かしていく、という考えのもと、現代の日本を代表する映画作家のひとりとして、これからも映画界に観客に刺激を与え続けてくれるに違いない。

2022年6月21日更新

作品データ

公開 2022年6月24日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショー
制作年/制作国 2022年 韓国
上映時間 2:10
配給 ギャガ
原題 BROKER
監督・脚本・編集 是枝裕和
出演 ソン・ガンホ
カン・ドンウォン
ぺ・ドゥナ
イ・ジウン
イ・ジュヨン
:あつた美希
ライター:あつた美希/Miki Atsuta フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。1996年から女性誌を中心に活動し、これまでに取材した人数は600人以上。近年は2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』にて“シネマ・アロマ”を、2016〜2018年にプレジデント社『プレジデントウーマン』にてカルチャーページ「大人のスキマ時間」を連載。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。