ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展−パリの夢 モラヴィアの祈り

ポスターから宝飾品、作家の愛用品まで初公開品を多数展示

ポスターや広告パッケージのデザインなど、広告分野を中心にアール・ヌーボーの巨匠として活躍したアルフォンス・ミュシャ(1860〜1939年)の大規模展覧会です。ミュシャ財団の全面協力のもと、日本初公開の作品を含む約240点が出品します。

独創的なポスター、美人と花鳥が組み合わさった装飾パネルなど、華やかな作風に熱烈なファンも多いミュシャ。今回は一族が理事長を務める財団からの提案もあり、著名なパリ時代だけでなく、チェコ人としての生涯にも焦点をあてたのが特徴です。1914年に帰国した後、独立国家として歩み始めた祖国の復興に尽力。切手や紙幣のデザインを無償で行ったり、恵まれない人々へのポスターを制作しています。

会場では、出世作である女優サラ・ベルナールの宣伝ポスター《ジスモンダ》、初公開のシルクサテンに刷った《四芸術》シリーズなどのグラフィック・アーティストとしての作品、《スラヴ叙事詩》や《自画像》などの油彩画、デザイナーとして制作した衣装やアクセサリーなどを、年代やテーマに沿って6つの章で展示。作家の多様な面を目の当たりにできます。

激動の時代を生き抜いた画家のマルチな才能とその内面をじっくり鑑賞してみませんか?

《パレットを持った自画像》
1907年頃 © Mucha Trust 2013
《イヴァンチッツェ地方祭》
1912年 © Mucha Trust 2013
《ムーズ川のビール》
1897年 © Mucha Trust 2013
《ヤロスラヴァの肖像》
1927-35年頃 © Mucha Trust 2013
《宝石:トパーズ、ルビー、アメジスト、エメラルド》
1900年 © Mucha Trust 2013
開催概要
会期 2013年3月9日(土) 〜 5月19日(日)
休館日 2013年4月25日(木)
時間 10:00〜20:00(火曜のみ17:00まで)
※入場は閉館時間の30分前まで
会場 森アーツセンターギャラリー
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階 
入館料 一般 1,500円、大学生1,200円、中高生800円
※小学生以下無料
公式サイト http://www.ntv.co.jp/mucha/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2013年2月更新