カリフォルニア・デザイン 1930-1965
−モダン・リヴィングの起源−

50年以上前の時代のデザインなのにどこか新しい!
ファッション、家具、ポスターとジャンルも豊富で見ごたえ抜群

20世紀半ばにカリフォルニアで花開いたモダン・デザインに焦点をあて、グラフィック、ファッション、陶芸、家具、車など多様な作品を集めた大規模な展覧会です。

1920年代の好景気に人口が急増したカリフォルニアでは住宅や家具の需要が高まり、R・M・シンドラーやケム・ウェーバーなどに代表されるヨーロッパから移住したデザイナーたちが多く活躍しました。特に、第二次世界大戦をきっかけに開発された繊維強化プラスチックや成型合板などの実生活への活用法が模索されたり、実用性がありながら安価で優れたデザインであることが重んじられ、これら実験的な要素と伝統工芸が結びついてモダンな様式が生まれたのです。西海岸ならではの温和な気候に合わせ、屋内外の境があいまいな住宅や衣類なども考案されました。豊かな生活の象徴とされたモダンなデザインや様式は、グラフィックに活用されたり、メディアに掲載されて、世界中に広まっていったのです。

時代と地域が融合し、カリフォルニアで生まれた特殊な作品群。古いようで新しさを感じるデザインをその目で確かめてみませんか?

バフ・ストラウブ & ヘンスマン社
〈マーマン邸 レクリエーション・パヴィリオン(アーケーディア)〉 1958年
写真:ジュリアス・シュルマン 1959年
ゲッティ・リサーチ・インスティテュート蔵
The Getty Research Institute, Los Angeles
© J. Paul Getty Trust. Used with permission. Julius Shulman Photography Archive, Research Library at the Getty Research Institute (2004.R.10)
メアリー・アン・デウィーズ
〈女性用水着〉 1961年
ロサンゼルス・カウンティ美術館蔵
LACMA, Gift of Mary Ann DeWeese, DeWeese Designs
© 2011 The Warnaco Group, Inc. All rights reserved. For Authentic Fitness Corp., Cole of California. Photo ©  2011 Museum Associates/LACMA
チャールズ & レイ・イームズ
エヴァンス・プロダクツ社成型合板部門
〈象〉1945年 イームズ・コレクションLLC蔵
Eames Collection, LLC
© The Eames Foundation. Courtesy Eames Office LLC (eamesoffice.com)
チャールズ & レイ・イームズ 
ハーマンミラー社
《ESU(イームズ・ストレージ・ユニット)》 1949年頃
ロサンゼルス・カウンティ美術館蔵
LACMA, Gift of Mr. Sid Avery and Mr. James Corcoran
© 2011 Eames Office LLC (eamesoffice.com); © Herman Miller, Inc.  Photo © 2011 Museum Associates/LACMA
ジョン・フォーリス、ジェームズ・リード
『アーツ & アーキテクチャー』(雑誌表紙)
1953年9月号
ロサンゼルス・モダン・オークションズ蔵
Collection of Los Angeles Modern Auctions (LAMA)
Art and Architecture, reprinted courtesy of David Travers
ケム・ウェーバー
〈机、椅子〉1938年頃
ロサンゼルス・カウンティ美術館蔵
LACMA, Purchased jointly with funds provided by the Decorative Arts and Design Deaccession Fund, Viveca Paulin-Ferrell and Will Ferrell, Shannon and Peter Loughrey, Heidi and Said Saffari, and Holly and Albert Baril
Photo ©  2011 Museum Associates/LACMA
開催概要
会期 2013年3月20日(水・祝) 〜 6月3日(月)
休館日 火曜日 ※ただし4月30日は開館
時間 10:00〜18:00(金曜のみ20:00まで)
※入場は閉館時間の30分前まで
会場 国立新美術館 企画展示室1E
港区六本木7-22-2 
入館料 一般 1,000円、大学生500円
公式サイト https://www.nact.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2013年3月更新