ARCHITECTURE FOR DOGS 犬のための建築展

世界で活躍する建築家やデザイナーが考案した「犬のための建築」の数々

犬の尺度で建築を試みることにより、新たな建築の可能性を模索するユニークな視点の企画展です。

原研哉、アトリエ・ワン、伊東豊雄、MVRDV、隈研吾、コンスタンチン・グルチッチなど、世界で活躍する13組の建築家やデザイナーがデザインした13種類の“犬のための建築”。2012年11月に公式サイトで、無料でダウンロードできる設計図とともに公開され、同年12月にはマイアミ、2013年6月にはロサンゼルスで展覧会が開催されました。

同展では全13作品を一堂に展示。3階の第1会場と中庭には、柴犬、スピッツ、パグといった具体的な犬種を特定してデザインされた、建築家・デザイナーの個性あふれる作品が並びます。4階の第2会場では、“人間と犬のスケールを調整する装置”というコンセプトを生かしたまま、10数種類にバリエーション展開した原研哉デザインの「D-TUNNEL」が、実寸および縮尺模型となって初公開されます。

ARCHITECTURE FOR
LONG-BODIED-SHORT-LEGGED DOG
アトリエ・ワン×ダックスフンド
©Hiroshi Yoda
PARAMOUNT
コンスタンチン・グルチッチ×トイプードル
©Hiroshi Yoda
DOG COOLER
内藤 廣×スピッツ
©Hiroshi Yoda
ARCHITECTURE FOR THE BICHON FRISE
妹島和世×ビションフリーゼ
©Hiroshi Yoda
PAPIER PAPILION
坂 茂×パピヨン
©Hiroshi Yoda
BEAGLE HOUSE
INTERACTIVE DOG HOUSE
MVRDV×ビーグル
©Hiroshi Yoda
MOBILE HOME for SHIBA
伊東豊雄×柴犬
©Hiroshi Yoda
CHIHUAHUA CLOUD
ライザー+ウメモト×チワワ
©Hiroshi Yoda
NO DOG, NO LIFE!
藤本壮介×ボストンテリア
©Hiroshi Yoda
開催概要
会期 2013年10月25日(金) 〜 12月21日(土)
休館日 日・月・祝日(ただし10月27日、10月28日、11月3日、11月4日は開館)
時間 11:00〜18:00(金曜のみ19:00まで)
会場 TOTOギャラリー・間
港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F  
入館料 無料
公式サイト http://www.toto.co.jp/gallerma/
問合せ 03-3402-1010
2013年9月更新