三井家のおひなさま 特集展示「宴のうつわ」

三井家の夫人や娘たちがこよなく愛した雛人形や雛道具の数々

「立雛」 文化12 年(1815) 三井記念美術館蔵

三井家の夫人や娘たちに伝えられた雛人形や雛道具を一堂に集めた、三井記念美術館の恒例展覧会です。

北三井家十代・高棟夫人の苞子(もとこ)(1869〜1946)、十一代・高公夫人の e子(としこ) (1901〜1976)、高公の一人娘・浅野久子氏(1933年生まれ)、伊皿子三井家九代・ 高長(たかひさ) 夫人の興子(おきこ)(1900〜1980)旧蔵の作品が並びます。特に、京都の丸平大木人形店・五世大木平藏が特別に制作した、浅野久子氏の幅3m、高さ5段の雛段飾りは必見です。

さらに今回は、北三井家十一代・高公次男で、新町三井家十一代を継いだ高實(たかみつ)(1927〜2001)の五月人形、その夫人で新町家十代・高逐(たかなる)の次女・依子(よりこ)氏(1930年生まれ)愛用の市松人形などを特別公開。また併せて、松阪三井家九代・高達(たかみち)の四男・ 高宣(たかのり)(1933〜2002)の初節句にあつらえられた「御所人形 大名行列」(昭和8年、個人蔵)なども特別に展示いたします。

また展示室7では「宴のうつわ」と題して、三井家の宴席などで使用されたうつわを紹介します。展示室6では南三井家十代・高陽(たかはる) (1900〜1983)が収集した「手彫切手」を、展示室3では茶道具取り合わせが展示されます。

「紫宸殿雛人形」 五世大木平藏製 昭和9年(1934) 三井記念美術館蔵
「内裏雛」 四世大木平藏製 明治33年(1900) 三井記念美術館蔵
「布目色絵団扇形食籠」 和全作 江戸時代・19世紀 三井記念美術館蔵
「銹絵染付笹図蓋物」 乾山作 江戸時代・18世紀 三井記念美術館蔵
「御所人形 大名行列」 五世大木平藏製 昭和8年(1933) 個人蔵
開催概要
会期 2014年2月7日(金) 〜 4月6日(日)
休館日 月曜日 (ただし3月3日は特別開館)、2月23日
時間 10:00〜17:00 ※入館は閉館時間の30分前まで
会場 三井記念美術館
中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7F 
入館料 一般1,000円、高大生500円
公式サイト http://www.mitsui-museum.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2013年12月更新