乾久美子+東京藝術大学 乾久美子研究室 展 小さな風景からの学び

日本各地で出会った風景18,000カ所を類型化した先に見える建築の在り方とは?

建築家・乾久美子氏と東京藝術大学・乾研究室の学生によって行われた、都市リサーチの研究成果を紹介する展覧会です。

陸前高田市の「みんなの家」、宮城県七里ヶ浜町と岩手県釜石市の学校建築などを手掛ける乾氏。これらの設計を通じて人が自然にひきつけられる場所とその魅力に興味を持ちました。そして、自身が教鞭をとる研究室の学生たちとともに、延べ45 都道府県、約200 の市区町村を半年かけてリサーチ。印象に残った風景を18,000枚の写真にし、「平べったい」「壁に寄り添う」「積み上げる」などといった、その形状や状態など、似た性質を持つ画像を23のグループと178のユニットに類型化していったのです。

リサーチの結果、導き出されたキーワードは「サービス」。本展では、約2,000枚の風景写真の魅力を「人を引きつける空間サービス」とした仮説をベースに展観します。

東京都目黒区|目黒川
栃木県宇都宮市|豊郷北小学校
石川県輪島市
長野県長野市|権堂駅
開催概要
会期 2014年4月18日(金) 〜 6月21日(土)
休館日 日・月・祝日
時間 11:00〜18:00(※2014年4月より金曜日も18:00閉館)
会場 TOTOギャラリー・間
港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F  
入館料 無料
公式サイト http://www.toto.co.jp/gallerma/
問合せ 03-3402-1010
2014年3月更新