特別展 没後150年記念 歌川国貞

描いた浮世絵なんと数万点! 幕末の人気No.1浮世絵師の全貌に迫る

歌川国貞「星の霜当世風俗 (蚊焼き)」(太田記念美術館蔵)前期展示

幕末の江戸で、国芳や広重を押さえて一番人気を誇った浮世絵師、歌川国貞の没後150年を記念して開かれる回顧展です。

22歳で浮世絵界にデビュー。歌舞伎の舞台を描いた役者絵、花魁など美しい女性を描いた美人画で、名が知られていくようになります。その後、花見などの文化風俗、武者絵、風景画などジャンルを広げ、40過ぎには風俗画を描く英派に入門。現代にも通じるような斬新なデザインで精力的に描き、79歳で亡くなるまでに創作した作品総数は数万を超えます。

本展では、個人コレクターや所蔵コレクションの中から「星の霜当世風俗(蚊やき)」「天日坊法策 市川小団次 米升」「玄徳風雪訪孔明見立」「霧中ノ山水」など、幅広いジャンルの浮世絵を展示。最晩年に描かれた「江戸美人尽」は約30年ぶりの公開となります。また、東京では初公開となる北海道市立近代美術館所蔵「高橋博信コレクション」の「北國五色墨(花魁)」や「紅毛油画名所尽 日本橋」も必見です。

歌川国貞(三代豊国)「御あつらへ三色弁慶」(太田記念美術館蔵)後期展示
歌川国貞「北廓月の夜桜」(太田記念美術館蔵)前期展示
歌川国貞「夕立景」(北海道立近代美術館蔵)後期展示
開催概要
会期 2014年10月1日(水) 〜 11月24日(月・祝)
前期:10月1日〜10月26日
後期:10月31日〜11月24日
※前期・後期で展示替え
休館日 月曜日 ※祝日の場合は開館、翌火曜休館
10月6日、14日、20日、27日〜30日、11月4日、10日、17日
時間 10:30〜17:30 ※入館は閉館時間の30分前まで
会場 太田記念美術館
渋谷区神宮前1-10-10 
入館料 一般 1,000円、高大生 700円
公式サイト http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2014年9月更新