TOTOギャラリー・間150回展 伊東豊雄展 台中メトロポリタンオペラハウスの軌跡 2005-2014

生き物のようにうねりのある三次元曲面を造成 世界的建築家の仕事ぶりを克明に追う

「台中メトロポリタンオペラハウス」現場 中ホール(2014年1月) © 坂口裕康 A to Z

世界で活躍する建築家、伊東豊雄氏にフォーカスをあて、現在着手している「台中メトロポリタンオペラハウス」建設のコンペティションから現在までの過程を紹介する企画展です。

1941年生まれの伊東豊雄氏は、ヴェネチア・ビエンナーレ金獅子賞、王立英国建築家協会(RIBA)ロイヤルゴールドメダルなど、いろいろな建築賞を受賞しており、主な作品にせんだいメディアテーク、多摩美術大学図書館、台湾大学社会科学部棟などがあります。
 2001年に開館したせんだいメディアテークは、13本のチューブ状構造が樹のように各フロアを貫いて空間を生み出す斬新な造りで、日本建築学会賞やグッドデザイン賞を受賞し、国内外で高く評価されました。
 2005年の台中メトロポリタンオペラハウスのコンペティションでは、伊東氏が「エマージング・グリッド(生成するグリッド)」と呼ぶチューブ状の構造が、建物内を縦横無尽に貫通する三次元曲面の空間を提案。9年の歳月をかけ、ようやく完成に近づいています。

本展では、コンペティションでの最優秀案から今までの模型や図面を一堂に集め、その足跡を辿るとともに、三次元曲面の壁の原寸大モックアップを屋外スペースに再現。また、建設現場の記録映像や、内部空間構造のCG解説を通じて、現在の進行状況をリアルに感じ取れる内容となっています。


構造コンセプト 模型写真 ©伊東豊雄建築設計事務
「台中メトロポリタンオペラハウス」現場 ルーフガーデン(2013年12月) ©中村 絵
開催概要
会期 2014年10月17日(金) 〜12月20日(土)
休館日 日・月(ただし10月26日・27日、11月2日・3日は開館)
時間 11:00〜18:00
会場 TOTOギャラリー・間
港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F  
入館料 無料
公式サイト http://www.toto.co.jp/gallerma/
問合せ 03-3402-1010
2014年9月更新