ジョルジョ・デ・キリコ ―変遷と回帰

約8割が日本初公開! 初期から晩年までの各スタイルを堪能できる回顧展

ジョルジョ・デ・キリコ ―変遷と回帰

「形而上絵画」と称される神秘的な雰囲気の作品を描き、後のシュルレアリストたちに大きな影響を与えたジョルジョ・デ・キリコの画業を、未亡人の旧蔵品を中心にたどる回顧展です。

イタリア人の両親のもと、ギリシャで生まれたデ・キリコは、1912年にサロン・ドートンヌに2点の作品を発表して画壇デビュー。人気のない広場にマネキンを配すなど、謎めいた空間と事物で、背後に秘められた過去の記憶、思考、謎を描く作品は「形而上絵画」と呼ばれるようになりました。第一次世界大戦後の1918年頃から急に古典主義にスタイルを変更。1940年代からはバロック絵画やロマン主義絵画にも傾倒しますが、1960年代後半からは再び形而上絵画に戻り、様々な作品を手がけました。

本展では、2011年にパリ市立近代美術館に寄贈された未亡人イザベッラ・デ・キリコの旧蔵品、イタリアの各美術館、個人コレクション、国内の所蔵作品などを集め、油彩を中心に水彩、素描、彫刻など、各時代にまたがる作品約100点を展示します。その約8割は日本初公開のため、希少価値の高い展覧会です。


開催概要
会期 2014年10月25日(土) 〜12月26日(金)
休館日 水曜(ただし12月3・10・17・24日は開館)
時間 10:00〜18:00 ※入場は閉館時間の30分前まで
会場 パナソニック 汐留ミュージアム
港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F  
入館料 一般1,000円、65歳以上900円、大学生700円、中高生500円
公式サイト http://panasonic.co.jp/es/museum/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2014年10月更新