ティム・バートンの世界

『シザーハンズ』などで知られる映画監督の資料や映像約500点が日本初上陸!

ブルーガールとワイン 1997年頃 71.1 x 55.9 cm 油彩・キャンバス

『バットマン』、『チャーリーとチョコレート工場』など、可愛らしくて不気味な世界観の映画作品をつくり上げ、国際的に人気のある映画監督、ティム・バートンの日本で初めての個展です。

展示は、10のグループに分けられて紹介。グループ1では、仕事で世界中を旅する時に描かれたスケッチ、グループ2はコメディとグロテスクの融合を指す「カーニヴァレスク」がテーマ。相反するジャンルを絶妙なバランスで扱っている作品を間近で見られ、要注目です。グループ3は人間や動物、マシン、神話の生物を融合させたフィギュア、グループ4は構想画で描かれた各映画のキャラクター、グループ5は絵画や映画で主要なモチーフであるホリデー、グループ6は影響を受けた人、グループ7は誤解を受けがちなアウトサイダーと続きます。おなじみのキャラクターも多く登場し、独特の世界観を満喫できるセクションです。グループ8、9、10は、写真、書籍、未公開プロジェクトについて。映画完成後、キャストとクルーのみに配られる本などが公開されます。

各作品のスケッチ、デッサン、オブジェ、手紙などの資料、10代のころに撮影した未公開映像作品など、総数は約500点。ティム・バートンの芸術活動を深く掘り下げ、丁寧に眺めることができる貴重な企画展となっています。

無題(墓ずきんちゃん) 1981年 27.9×39.4cm ペン・インク・マーカー・色鉛筆・紙
デビルドッグ 2014年 38.1×40.6×38.1cm ミクストメディア
無題(『シザーハンズ』) 1990年 27.9×22.9cm ペン・インク・色鉛筆・紙
絶滅寸前 1994年 50.8×40.6cm アクリル・キャンバス
無題(『オイスターボーイの憂鬱な死』) 1982-1984年頃 25.4×22.9cm ペン・インク・マーカー・色鉛筆・紙
All Images © 2014 Tim Burton
This exhibition is organized by Jenny He, Independent Curator, in collaboration with Tim Burton Productions.

開催概要
会期 2014年11月1日(土) 〜 2015年1月4日(日)
休館日 会期中無休
時間 11:00〜22:00(土日祝は23:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 森アーツセンターギャラリー
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階 
入館料 一般 1,800円、高大生 1,300円、4歳〜中学生 800円
公式サイト https://macg.roppongihills.com/jp/
問合せ 0570-063-050(ローソンチケット 10:00〜20:00)
2014年10月更新