キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展

クックの探検航海に同行したプラント・ハンターがまとめた植物絵画集

《バンクシア・セラータ》 『バンクス花譜集』より(オーストラリア) エングレーヴィング Bunkamuraザ・ミュージアム収蔵 ©Alecto Historical Editions Ltd / The Trustees of the Natural History Museum, London

1768〜1771年まで行われたジェームズ・クックを艦長とする第一回太平洋航海。その航海に同行したプラント・ハンター、ジョゼフ・バンクスが各寄港地で採集した草花をまとめた図譜『バンクス花譜集』に焦点をあてた展覧会です。

独学で植物学を学んだバンクスは学者ではないものの、豊富な財力を基に各地へ探検旅行に赴いたほか、多くのプラント・ハンターを派遣して植物を採集。自然科学の発展に寄与し、キュー王立植物園の礎を築きました。25歳で太平洋航海に参加。科学班のリーダーとして、植物学者ダニエル・ソランダー(1733-82)や画家シドニー・パーキンソン(1745頃-71)らと共に活躍します。帰国後、多色刷りの豪華植物図譜『バンクス花譜集』の発行を企画し、銅板まで作成したものの、資金不足やソランダーの他界などにより出版には至りませんでした。

本展では、大英博物館に保管されていた全743点の『バンクス花譜集』の中から120点を厳選。タヒチ島周辺、ニュージーランド、オーストラリア、ジャワの4つの滞在地に分けて紹介するほか、太平洋地域の民族資料、航海道具、古地図、関連書籍なども併せて展示し、太平洋の探検航海を追体験しながら鑑賞できます。

《クリアントゥス・プニケウス》 『バンクス花譜集』より(ニュージーランド) エングレーヴィング Bunkamuraザ・ミュージアム収蔵 ©Alecto Historical Editions Ltd / The Trustees of the Natural History Museum, London
《テスペシア・ポプルネア》 『バンクス花譜集』より(ソサエティ・アイランズ) エングレーヴィング Bunkamuraザ・ミュージアム収蔵 ©Alecto Historical Editions Ltd / The Trustees of the Natural History Museum, London
エンデヴァー号レプリカ(オーストラリア国立海事博物館にて撮影) Courtesy Australian National Maritime Museum
開催概要
会期 2014年12月23日(火・祝) 〜 2015年3月1日(日)
休館日 1月1日(木・祝)、1月26日(月)
時間 10:00〜19:00(金・土のみ21:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 Bunkamuraザ・ミュージアム
渋谷区道玄坂2-24-1 
入館料 一般 1,300円、高大生 900円、小中生 600円
公式サイト http://www.bunkamura.co.jp/museum/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2014年12月更新